【DDT】大石真翔が第一腰椎骨折により欠場、8.15後楽園でのKO-Dタッグ選手権試合は中止に

DDTプロレスは20日、大石真翔が7月18日宮城・白石ホワイトキューブ大会の試合中に腰を負傷。診断の結果、第一腰椎骨折と診断されたことを発表した。

これにより大石はしばらくの間欠場、本人からのコメントが出された。

「しばらく戦線から離れますが、しっかり治し、必ず帰ってきます!みなさま、DDTプロレス、並びに準烈、並びにみこまこチャンネルの応援よろしくお願いします!」

また、これを受け、8月15日後楽園大会で予定されていた竹下幸之介&勝俣瞬馬組と秋山準&大石真翔組によるKO-Dタッグ選手権試合は、大石の欠場に伴い中止となった。

【大会名】Summer Vacation 2021
【日時】2021年8月15日(日) 開場17:30 開始18:30
【会場】東京・後楽園ホール

〔決定分カード〕
DDT EXTREME&アイアンマンヘビーメタル級両選手権試合
<王者>青木真也 vs MAO<挑戦者>
※青木は第52代DDT EXTREME王座初防衛戦並びに第1514代アイアンマンヘビーメタル級王座防衛戦。

「木に梨はなる ~頭の中の大宇宙~」プロデュースマッチ
飯野雄貴&納谷幸男 vs 高木三四郎&越中詩郎
※木梨憲武さんが飯野&納谷組をプロデュース。
※当日は木梨さんとカンニング竹山さんが来場。

※ほか数試合予定。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事