【東京女子】「東京プリンセスカップ」3連覇狙う瑞希が準々決勝でプリプリ王者・山下実優と激突へ!「怪物過ぎるので、いったん黙らせようと思います」

東京女子プロレスが7月24日、東京・新木場1stRINGで最強女王決定トーナメント「Ameba presents 第8回東京プリンセスカップ」(3日目)を開催。昨年、一昨年と2連覇中の瑞希が2回戦で舞海魅星を下し、同31日の東京・新宿FACEでの準々決勝でプリンセス・オブ・プリンセス王者の山下実優と対戦することが決まった。

 3連覇を狙う瑞希は1回戦シードで初戦となったが、舞海のパワーあふれるボディスラム、ショルダータックル連打に手を焼き、必殺のミラマーレで腕を絞り上げられるもロープエスケープ。

舞海の強烈なラリアットをカウント2で返した瑞希はドロップキック、フットスタンプで反撃。舞海の再度のラリアットを阻止した瑞希はキューティースペシャルで投げて3カウントを奪った。

 瑞希は「今年は三連覇するって、最初から強気に宣言してて。だけど私は1戦1戦すごい大事にしているから、先を見てるけどトーナメント中はその対戦相手しか見てなくて。魅星ちゃんって、パワーがあるのも、テクニックがあるのも、勢いがあるのも確かで。これ1本目から、トーナメントは何があるか分からないっていうのは、自分が一番分かっているので。本当に取られたらヤバいなっていうのをすごく感じての試合だった。やっぱりパワーすごかったなって、苦しいなともたくさん思った。だけどまだまだ超えられるわけにはいかないって思ったので、今回はしっかりと勝ててよかったです」とコメント。

 準々決勝では山下との対戦になるが、「本当にみぃちゃん(山下)とはこういうポイントでしか、あまりシングルの試合はしてなくって。(タッグパートナーの)ユカっち(坂崎ユカ)がさいたまスーパーアリーナ(6月6日)でみぃちゃんに負けて、すごい悔しくなっている姿を見ていたので。こうなったらユカっちの分も勝手に頑張って。怪物過ぎるので、いったん黙らせようと思います」と必勝を期していた。

 かたや、2回戦で散った舞海は「負けました。悔しいです。今日は瑞希さんが強かったです。まだまだトーナメントは続いていくし、一つ一つの大会を成功させていきたいと思っているので、舞海魅星の覚悟の夏はまだ終わりません。最終戦の8月15日まで舞海魅星の覚悟の夏をしっかりお見せします」と話した。

【大会名】Ameba presents 第8回東京プリンセスカップ
【日時】2021年7月24日(土)
【会場】東京・新木場1stRING
【観衆】142人(超満員札止め)

オープニングマッチ 20分一本勝負
乃蒼ヒカリ&○らく&原宿ぽむ&鈴芽 vs 伊藤麻希&小橋マリカ&桐生真弥&鳥喰かや●
13分37秒 片エビ固め
※ドクターイエロー

第二試合 3WAYマッチ 20分一本勝負
○ハイパーミサヲ vs 角田奈穂 vs 遠藤有栖●
8分14秒 変形十字架固め

第三試合 20分一本勝負
中島翔子&天満のどか&○宮本もか vs 辰巳リカ&渡辺未詩&荒井優希●
15分12秒 羅生門

第四試合 トーナメント2回戦 時間無制限一本勝負
○愛野ユキ vs 猫はるな●
7分22秒 体固め
※ヴィーナスDDT

セミファイナル トーナメント2回戦 時間無制限一本勝負
○瑞希 vs 舞海魅星●
12分45秒 キューティースペシャル

メインイベント トーナメント2回戦 時間無制限一本勝負
○山下実優 vs 上福ゆき●
11分35秒 体固め
※Skull kick

〈写真提供:東京女子プロレス〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事