【FMW-E】女子電流爆破プリンセス・トーナメント全選手決定!ミス・モンゴル、マドレーヌ、ライディーン鋼、テクラが選出

9月12日FMWE第3戦から開催される、世界初となる「女子電流爆破プリンセス・トーナメント」の参加選手の8名が決定した。

同トーナメントは、アイスリボン所属の鈴季すずが「電流爆破をやってみたい」と発言したことを受けて、大仁田厚が女子プロレスの活性化の一つとしてシングルによるトーナメントを開催するに至った経緯がある。

アイスリボンからは、デスマッチで定評がある世羅りさ、藤田あかね、鈴季すず、信州ガールズから杏ちゃむもトーナメント開催発表と同時に参戦を表明した。

その他の参戦表明選手の中から大仁田は、FMWでデスマッチ経験が豊富なミス・モンゴル、ディアナ所属のマドレーヌ、ピュアJからライディーン鋼を選出。

最後の1人として、FMWEの海外配信も視野に入れた外国人枠として、アイスリボン所属でオーストリア出身のテクラを選んだ。

大仁田は「これからの成長を感じられる若手や、まだまだ伸びしろがありそうな選手に参戦してもらいたかった。」とコメントした。

トーナメントは、1回戦前半を9月12日、1回戦後半を10月24日に開催。準決勝は11月に行われ、決勝戦はFMWE年内最終戦となる12月19日に開催する。会場は、近年の電流爆破の聖地とされる神奈川県横浜市の鶴見青果市場で行う。電流爆破プリンセス・トーナメントのルール、対戦カードは後日に行われる抽選会によって決定される。また本トーナメントのスポンサー企業も募集して優勝賞金が追加される。

【大会概要】

FMWE3戦「バトル・ロワイヤル」

日時:2021912日(日)1200開場・1300合開始

会場:横浜・鶴見青果市場(神奈川県横浜市鶴見区駒岡2丁目14−2)

【FMW-E】FMW-E女子電流爆破トーナメント開催を大仁田が発表!鈴季すず・世羅りさ・藤田あかね・杏ちゃむらが参戦決定

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事