【WWE】“キング”中邑真輔がキンシャサで6人タッグ戦を制す

日本時間7月31日、ミネソタ州ミネアポリスのターゲット・センターで行なわれたスマックダウンがライブ配信された。

◆“WWEのキング”中邑真輔がキンシャサで6人タッグ戦を制す

“WWEのキング”中邑真輔(withリック・ブーグス)がキンシャサでアポロ・クルーズを沈めて6人タッグ戦を制した。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

大合唱の中、リングに登場した中邑はセザーロ、ビッグEとタッグを組んでアポロ・クルーズ(withコマンダー・アジーズ)&ドルフ・ジグラー&ロバート・ルードと対戦した。

中邑はセザーロと連携したヒザ攻撃をジグラーに放てば、ジグラーもジグザグで反撃して白熱の攻防を展開。

さらに中邑がスピンキックをジグラーにヒットさせるも、クルーズの延髄切りやジャーマン・スープレックスを食らってピンチになってしまう。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

しかし、ここでブーグスがギターを演奏して注意を引くと中邑がクルーズの攻撃をかわしながらショートレンジのキンシャサを叩き込んで3カウント。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

試合後、中邑はセザーロ、ビッグEと共に両腕を上げて勝ち名乗りを上げると自身のツイッターでは「キングは別のゴールドがほしい」と投稿した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事