【新日本】田口&ワトが1勝目をGET!不調のYOHは悩める心境を吐露「負けても、悔しさがこみ上げてこない…」『SJTL 2021』

新日本プロレスは8月9日(月・祝)、東京・後楽園ホールで映画『ゴジラvsコング』Presents『SUMMER STRUGGLE 2021』第11戦を開催した。

メインでは『SUPER Jr. TAG LEAGUE 2021』公式戦が行われ、田口隆祐&マスター・ワト(0勝2敗)vsSHO&YOH(0勝2敗)が対戦。

両チームとも2敗同士の対決となり後がない状況。

そして4連覇を狙うSHO&YOHにとっても正念場となったが、不調のYOHが田口のどどんを受け最後はワトがRPPを決めて快勝。

試合後、勝利したワトがマイクを手に取り「あと二戦、キッチリ、オレたち二人の合体を決めて勝ちたいと思います」と優勝をアピール。

そして試合後のバックステージで3連敗したYOHは「何か……何かさぁ、負けても、悔しさが……悔しさがさぁ、こみ上げてこないっていうか、それよりも、何か湧き上がってこなくて、何か違うんだよ。」と悩める心境を吐露した。

映画『ゴジラvsコング』Presents SUMMER STRUGGLE 2021
日時:2021年8月9日(月) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:435人

<試合結果>

▼第5試合 30分1本勝負
『SUPER Jr. TAG LEAGUE 2021』公式戦
マスター・ワト 〇
田口 隆祐 
(1勝2敗=2点)
vs
SHO
YOH ×
(0勝3敗=0点)
19分01秒  RPP→片エビ固め

▼試合後のマイクアピール

 

■マスター・ワト「YOHさん、SHOさん、勝ったとはいえまだ超えたとは思ってませんが、今日の勝ちは非常にうれしいです。初戦、二つ落としちゃいましたがここからオレたち、ワン・オア・エイト?シックス・オア・ナイン。オレたち二人が、『SUPER Jr. TAG LEAGUE』、優勝します。あと二戦、キッチリ、オレたち二人の合体を決めて、勝ちたいと思います。I’ll Be The Grandmaster!!」

■次ページ(試合後バックステージコメント)に続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2