【FMW-E】旗揚げ第3戦9・12鶴見のメインは“地獄のデスマッチⅢ” 大仁田厚は愛弟子・保坂秀樹さん追悼試合とダブルヘッダー敢行

 FMW-E旗揚げ第3戦「BATTLE ROYAL」(9月12日、神奈川・鶴見爆破アリーナ=鶴見青果市場)で“邪道”大仁田厚がメインイベントの電流爆破デスマッチ、愛弟子・保坂秀樹さんの追悼試合とダブルヘッダーを敢行することが決まった。

 メインでは、女子ハードコアファイターの鈴季すずが「女子電流爆破プリンセス・トーナメントの前に、大仁田さんの横で電流爆破を学びたい」と熱望し、大仁田との初タッグが決定。一方、大仁田への雪辱に燃えるアブドーラ・小林は、デスマッチ経験が豊富な世羅りさをパートナーに指名。これにより、大仁田、鈴季組VS小林、世羅組によるミクスド電流爆破デスマッチが実現する。

 試合形式は「地獄のデスマッチⅢ」となり、ロープ3面に有刺鉄線電流爆破、有刺鉄線電流爆破バットと電流爆破デンジャラス鬼棒(火薬量は爆破バットの2倍)が1本ずつ、1面の場外に有刺鉄線バリケードマット地雷爆破が設置される。地雷の火薬量は旗揚げ戦(7月4日、鶴見)の3倍になる。

 また、8月2日にがんのため逝去した保坂さんの追悼試合(第2試合)が行われ、保坂さんとゆかりある選手が出場。6人タッグマッチで大仁田、リッキー・フジ、パンディータ組が雷神矢口、マンモス佐々木、江野澤和樹組と対戦する。かつて、長年にわたって大仁田と組んだり、闘ったりしてきた矢口が大仁田と絡むのは、17年10月の7度目の引退以来、約4年ぶり。大仁田の弟子で、保坂さんともタッグを組んでいたマンモスが大仁田と絡むのも約4年ぶりとなり、保坂さんの追悼がきっかけで再会マッチが組まれた。

 大仁田は「メインとは別に保坂と縁が深かった選手たちにも出てほしかった。1日2試合はハードだけど、しょっちゅうやってるからどうってことはない。ブッチャー(小林)は、また地雷に落としてやるから覚悟しとけ!」とコメントした。

FMW-E旗揚げ第3戦「BATTLE ROYAL」 

全対戦カード
9月12日(日)神奈川・鶴見爆破アリーナ(鶴見青果市場) 13時開始

1.6人タッグマッチ

谷口裕一、佐野直、櫻井匠 VS モンスターレザー、Mr.アトミック、瓦井寿也
※第2試合前に保坂秀樹さん追悼セレモニー

2.保坂秀樹追悼試合
大仁田厚、リッキー・フジ、パンディータ VS 雷神矢口、マンモス佐々木、江野澤和樹

3. 女子電流爆破プリンセス・トーナメント1回戦
藤田あかね VS テクラ

4. 女子電流爆破プリンセス・トーナメント1回戦
ミス・モンゴル VS 杏ちゃむ

5.シングルマッチ

HASEGAWA VS ミスター・ポーゴ

6. 有刺鉄線電流爆破&有刺鉄線電流爆破バット&電流爆破デンジャラス鬼棒&有刺鉄線バリケードマット地雷爆破ボード火薬3倍~地獄のデスマッチⅢ
大仁田厚、鈴季すず VS アブドーラ・小林、世羅りさ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加