【新日本】ヤングライオン大岩陵平・藤田晃生デビュー!メインの6人タッグは後藤組がタイチ組にKO勝利!!<8.24後楽園>全試合結果・試合後バックステージコメント全文掲載

新日本プロレスは8月24日(火)、東京・後楽園ホールで映画『ゴジラvsコング』Presents『SUMMER STRUGGLE 2021』第16戦を開催した。

この日は同日デビューを果たすヤングライオンの大岩陵平・藤田晃生のデビュー戦が行われた。

そしてメインでは後藤洋央紀&YOSHI-HASHI&ロビー・イーグルス組とタイチ&ザック・セイバーJr.&DOUKI組が対戦。

※試合結果&試合後バックステージコメント全文掲載。

映画『ゴジラvsコング』Presents SUMMER STRUGGLE 2021
日時:2021年8月24日(火) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:291人

<試合結果>

▼第1試合  10分1本勝負
大岩陵平・藤田晃生デビュー戦
大岩 陵平 △
vs
藤田 晃生 △
10分00秒  時間切れ引き分け

■試合後バックステージコメント

大岩「今まで新日本プロレスのプロレスラーになるのを目指してここまで来たけど、同期の藤田にも全然敵わなかった。

(大声を張り上げて)明日こそは絶対勝ってやる! ありがとうございました!」

藤田「まずはこの新日本プロレスでデビューさせていただいたことに本当に感謝しています。でも、満足できることは何一つなくて、まだまだ当たり前ですけど、足りないことばっかりで。

でも、自分の目標は一番になることなんで、一つでも上を食って、先輩たちを倒して、自分という価値を上げていきたいと思います。ありがとうございました!」

 

▼第2試合  30分1本勝負
マスター・ワト
小島 聡 〇
vs
タイガーマスク
本間 朋晃 ×
10分30秒  ラリアット→片エビ固め

■試合後バックステージコメント

ワト「いやー、楽しかった。タイガーマスク、さすがタイガーさん、楽しかったです。もっと蹴り合いたいです。いろいろ、学びたいなってところもあります。今日ちょっと2つだけ言いたいことが。1つは27日、こんなビックチャンス、ないだろう? IWGPジュニアチャンピオンとシングルマッチ。

いやもちろん、タイトルが懸かってないことで凄く、ムチャクチャ悔しいよ。けど、勝てばチャンスがあるんじゃないか、うん。そのチャンスを、うん、もぎ取ってやるよ! あとの試合、全て全力で戦っていきます。あと1つ。どうしても気になることが……。オレは信じてる、オレはずっと信じてる。SHOさん、あなたを信じてますよ」

小島「今日、タッグを組んだワトとか、デビュー戦を戦った、藤田とか大岩とか見てて、本当に覚醒の感があるよ。年代と、そういうものを考えれば。だけど! オレはアイツらより何一つ劣ってないぞ! 何一つ、ウン、アイツらより劣ってない! それをこの“身体”でこの“プロレス”で証明してやる。ああ? そういうことだ。

今日だって証明した。悪いけど、川人よりもオレは目立とうと思ってるよ。アイツが次の世代の起始だってことはわかってる。だけどオレはまだ、まだまだのさばってやる。この世界で。それが今日の試合だ。本間だってまだまだやれんだろ? オイ! どうした! オレみたいな人間にやられて悔しいだろう? 悔しかったらもっともっとトレーニングして、もっともっとプロレスの練習して、オレの前に立ち上がってこい!」

タイガー「本間〜! (※本間をバックステージに呼び込み)本間一つ。おまえ怪我してるかもしれないけど、みんな怪我してるぞ。みんなどっか怪我してんだよ。それカバーしてやってんだよ、みんな。いいか、おまえだけじゃないぞ。おまえはしっかりもう復帰もしてるし、お客さんの前で試合もしている」

本間「言い訳しないっす、もう」

タイガー「言い訳とかそういうんじゃない」

本間「分かってます」

タイガー「もうリングの上でオレたち結果出すしかないんだよ」

本間「そうっすね」

タイガー「そうだろ、オレたちキャリアたいして変わんないんだよ。結果出すしかないんだよ。リングの上で動くしかないんだよ。相手がジュニアだろうがヘビーだろうが関係ない、やるしかないんだよ」

本間「負けたままじゃいられないっす、オレだって」

タイガー「絶対やれよ! オレも負けることあるよ。でも、オレは絶対にくたばんねーぞ。おまえも腐るなよ。わかった? 頑張ろう!」

※タイガーは先に控室へ

本間「先輩に言われなくたってわかってんだよ。結果だよ結果。オレは言い訳しねえ。1戦1戦、必至に戦っていくだけ。負けたかもしれない、負けたかもしれない。でも言わせてもらう! メットライフドーム、“IWGPタッグ3WAY”。やっぱりオレと真壁入れて4WAYしかねーだろ。オイ、負けたから言う権利がない? んなこたあ分かってんだよ。でもよオレは、言ってやる! 実現するまで言ってやる! オレはこのままで終わんねえ。あと1つ、今日の第1試合、大岩と藤田、デビュー戦おめでとう。またライバルが増えちまったよ。でも、藤田、大岩! 今のこの時代にどんだけ、どんだけ、ここまでやるかってぐらいの練習やって、デビューまでこぎつけたんだ。 おまえら、もうそれだけで胸張っていいよ、誇りに思え。あと、新日本でデビューできた、新日本が出発、それだけでおまえら、エリートだぞ。でもオレは雑草かもしんねえ、でもオレは絶対このままじゃ終わんねーから。藤田、大岩もライバルじゃなくても、負けねえぞコノヤロー!」

 

▼第3試合  30分1本勝負
田口 隆祐 ×
矢野 通 
vs
邪道
チェーズ・オーエンズ 〇
9分00秒  反則

■試合後バックステージコメント

チェーズ「これでやっと真剣になったか、ヤノ。そうだ、おふざけは終わり。これは価値あるKOPWのトロフィーだ。お前が保持してきた1年半、ふざけた試合をしても許されてきたかもしれないが、メットライフドームはそうはいかない。お前が提案したNO-DQ I QUIT MATCHがファン投票で選ばれたようだ。

(メットライフドームで)俺が闘いたい相手は現在のCHAOSのヤノじゃない、G.B.H時代のヤノだ! お前の提案したルールに決まったからには、ケンカする覚悟はできてるはずだな! このストラップでお前を完璧に苦しめてやる! (日本語で)コレハワタシノKOPWトロフィーデス! (英語に戻して)永遠に俺のものだ!」

※邪道はノーコメント

矢野「(手錠をつけたまま現れて)調子に乗ってんじゃねえ、バカ野郎! てめえ、痛い目見るぞ、この野郎!」

※田口はノーコメント。

➡次ページへ続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2