【新日本】タイガーが本間を叱咤!本間はメットライフドームで真壁とのタッグで“IWGPタッグ4WAY”を要求!!<8.24後楽園>

新日本プロレスは8月24日(火)、東京・後楽園ホールで映画『ゴジラvsコング』Presents『SUMMER STRUGGLE 2021』第16戦を開催した。

第2試合のタッグマッチに出場したタイガーマスクは試合後バックステージで本間に対し「おまえ怪我してるかもしれないけど、みんな怪我してるぞ。みんなどっか怪我してんだよ。それカバーしてやってんだよ、みんな。いいか、おまえだけじゃないぞ。」と話を続けた。

※試合後バックステージコメントを掲載。

▼第2試合  30分1本勝負
マスター・ワト
小島 聡 〇
vs
タイガーマスク
本間 朋晃 ×
10分30秒  ラリアット→片エビ固め

■試合後バックステージコメント

タイガー「本間〜! (※本間をバックステージに呼び込み)本間一つ。おまえ怪我してるかもしれないけど、みんな怪我してるぞ。みんなどっか怪我してんだよ。それカバーしてやってんだよ、みんな。いいか、おまえだけじゃないぞ。おまえはしっかりもう復帰もしてるし、お客さんの前で試合もしている」

本間「言い訳しないっす、もう」

タイガー「言い訳とかそういうんじゃない」

本間「分かってます」

タイガー「もうリングの上でオレたち結果出すしかないんだよ」

本間「そうっすね」

タイガー「そうだろ、オレたちキャリアたいして変わんないんだよ。結果出すしかないんだよ。リングの上で動くしかないんだよ。相手がジュニアだろうがヘビーだろうが関係ない、やるしかないんだよ」

本間「負けたままじゃいられないっす、オレだって」

タイガー「絶対やれよ! オレも負けることあるよ。でも、オレは絶対にくたばんねーぞ。おまえも腐るなよ。わかった? 頑張ろう!」

※タイガーは先に控室へ

本間「先輩に言われなくたってわかってんだよ。結果だよ結果。オレは言い訳しねえ。1戦1戦、必至に戦っていくだけ。負けたかもしれない、負けたかもしれない。でも言わせてもらう! メットライフドーム、“IWGPタッグ3WAY”。やっぱりオレと真壁入れて4WAYしかねーだろ。オイ、負けたから言う権利がない? んなこたあ分かってんだよ。でもよオレは、言ってやる! 実現するまで言ってやる! オレはこのままで終わんねえ。あと1つ、今日の第1試合、大岩と藤田、デビュー戦おめでとう。またライバルが増えちまったよ。でも、藤田、大岩! 今のこの時代にどんだけ、どんだけ、ここまでやるかってぐらいの練習やって、デビューまでこぎつけたんだ。 おまえら、もうそれだけで胸張っていいよ、誇りに思え。あと、新日本でデビューできた、新日本が出発、それだけでおまえら、エリートだぞ。でもオレは雑草かもしんねえ、でもオレは絶対このままじゃ終わんねーから。藤田、大岩もライバルじゃなくても、負けねえぞコノヤロー!」

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事