【WWE】イケメン二郎がストロングのオープンチャレンジに名乗りも無念の敗戦

イケメン二郎がNXTでオープンチャレンジに名乗りを上げて因縁のロデリック・ストロング(with マルコム・ビベンズ、ハチマン、クリードブラザーズ)と激闘を展開するもストロングのエンド・オブ・ハートエイク2連打を食らって無念の敗戦を喫した。

試合前、二郎はNXTクルーザー級王者KUSHIDAと抗争を展開するストロングに「KUSHIDAは俺のアイドルだ。オープンチャレンジを受けて俺がお前を倒してやる」と意気込むとハリケーン・ラナからジャケットパンチを放って攻め込んだが、一方のストロングも「お前は大きな間違いを犯した」と二郎を罵りながらバックブリーカーで反撃した。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

さらに終盤には二郎が得意のジャケットパンチ5連打やスプリングボード・ムーンサルトを決めて勢いづくも、最後はストロングのエンド・オブ・ハートエイク2連打を食らって敗戦。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

試合後、ハチマンらダイヤモンド・マインのメンバーと共に勝利をアピールしたストロングは「KUSHIDAのタイトルは俺のものだ!ダイヤモンド・マインより優れた奴はいない」と王者KUSHIDAを挑発すると敗戦した二郎は「NXTで決してギブアップしない」と自身のツイッターで再起を誓った。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事