【WWE】“Mr. MITB”ビッグEがラシュリー相手にキャッシュインに成功して新WWE王者に!


©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

日本時間9月14日、マサチューセッツ州ボストンのTDガーデンにて行なわれたロウがライブ配信された。

“Mr. MITB”ビッグEがランディ・オートンとのWWE王座戦を制したボビー・ラシュリーを相手にキャッシュインに成功して新WWE王者となった。

ロウ・オープニングで“Mr. MITB”ビッグEと王座戦が決まっているオートン(with リドル)、ラシュリー(with MVP)がそれぞれリングに登場するとビッグEが2人に「今日、キャッシュインを狙うぞ」と宣言すれば、オートンも「俺がラシュリーを倒して新WWE王者になる」と王座奪取を宣言した。

さらにビッグEがMITBブリーフケースをラシュリーに見せつけて挑発すると、その隙にオートンがRKOをラシュリーに決めて雄叫びを上げた。


©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

メイン戦となったWWE王座戦ではオートンがスーパープレックスやクローズライン連打を放てば、ラシュリーもショルダータックル連打やネックブレイカーを決めて白熱の攻防を展開。

終盤の大技の攻防ではラシュリーがスピアーからハートロックを狙うとこれをかわしたオートンがRKOを叩き込んだが、セコンドのMVPがラシュリーを場外に引きずり出して介入すると最後はラシュリーがオートンに豪快なスピアーを叩き込んで王座防衛に成功した。

試合後にはラシュリーがオートンを解説席に叩きつけて襲撃したが、自身も左膝を強打して負傷してしまう。するとそこへ宣言通り“Mr. MITB”ビッグEが姿を現してキャッシュインするとゴングと同時にラシュリーがビッグEに襲い掛かってスピアーを炸裂したが、これをカウント2で返したビッグEがビッグエンディングを叩き込んで3カウント。


©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

ビッグEがキャッシュインに成功して新WWE王者となるとニュー・デイのコフィ・キングストン&エグゼビア・ウッズと共にベルトを掲げてWWE王座初戴冠を祝った。


©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事