【新日本】『G1』オカダがEVILのラフ殺法をくぐり抜け開幕2連勝!「もうわかるでしょ、今年の『G1』は俺が優勝するぞ!」<G1 CLIMAX31>

新日本プロレスは9月24日(金)、東京・大田区総合体育館で『G1 CLIMAX 31』第4戦を開催。

今大会ではBブロック公式戦、5試合が行われた。

メインの公式戦ではオカダ・カズチカ(1勝0敗)とEVIL(1勝0敗)が対戦。

序盤からEVILがラフ殺法でオカダの古傷である腰に集中攻撃を仕掛け、苦戦する展開。

オカダも相手のお株を奪うEVILを炸裂させると、開脚式ツームストンパイルドライバーを動きを止める。

動きの止まったEVILに渾身のレインメーカーを決め、開幕2連勝を飾った。

■試合後のリング上でのマイク

オカダ「……大田区ー!『G1』、2勝目。まだ2勝目って思ってる人、いる?この2勝を見て、明らかに優勝するのは“レインメーカー”オカダ・カズチカ以外ってこと、まだ思ってる人いる?もうわかるでしょ、今年の『G1』は俺が優勝するぞ!まだ、2勝目かも知れないけれど、誰にも止められるつもりもないし、止める気もないよ。止められるもんなら止めてみろ、コノヤロー!というわけで、まだまだ『G1 CLIMAX』、突っ走ります。今日は、応援、ありがとうございました!『G1 CLIMAX』、始まったばかりですが、これからどんどんおもしろくなっていくから、期待してください!というわけで、『G1 CLIMAX』にカネの雨が降るぞ!」

※試合後バックステージコメント全文掲載。

『G1 CLIMAX 31』
日時:2021年9月24日(金) 17:00開場 18:30開始
会場:東京・大田区総合体育館
観衆:816人

▼第5試合 30分1本勝負
『G1 CLIMAX 31』Bブロック公式戦
オカダ・カズチカ 〇(2勝0敗=4点)
vs
“キング・オブ・ダークネス”EVIL ×(1勝1敗=2点)
21分46秒  レインメーカー→片エビ固め

➡次ページ(試合後バックステージコメント)へ続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2