【WWE】“キング”中邑真輔が前王者クルーズを下してIC王座防衛に成功


©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

日本時間9月25日、ペンシルベニア州フィラデルフィアのウェルズ・ファーゴ・センターで行なわれたスマックダウンがライブ配信された。

“WWEのキング”こと王者中邑真輔(with リック・ブーグス)が前王者アポロ・クルーズ(with コマンダー・アジーズ)を下してIC王座防衛に成功した。

ブーグスのギター演奏の中で登場した中邑は先週襲撃を受けた因縁のクルーズに得意の蹴り技から痙攣式ストンピングで攻め込め込んだ。

続けて中邑がスライディング・ジャーマン・スープレックスやダイビング・ニーを放てば、クルーズもドロップキックやサモアンドロップで反撃して白熱の攻防を展開。


©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

しかし、終盤にブーグスが介入するアジーズをスープレックスで蹴散らすと最後は中邑が飛び付きアーム・バーを狙いながらクルーズを丸め込んで3カウント。中邑が王座奪還を狙うクルーズを返り討ちにして王座防衛に成功した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事