【新日本】内藤の負傷欠場を受けて永田と鷹木が激闘を展開!勝利を収めた鷹木が「必ず近い将来、鷹木vs内藤、実現させてみせる」<G1 CLIMAX31>

新日本プロレスは9月26日(日)、兵庫・神戸ワールド記念ホールで『G1 CLIMAX 31』第5戦を開催。

今大会ではAブロック公式戦(3日目)を含む、全6試合が行われた。

第2試合は現IWGP世界ヘビー級王者・鷹木信悟と永田裕志が対戦。

当初はG1 CLIMAX公式戦のメインとして内藤哲也戦がマッチメイクされていたが、内藤の負傷欠場を受けこの日の対戦は永田裕志とのスペシャルシングルマッチとなった。

現王者相手とあって序盤から永田が猛チャージを掛ける。

対する王者・鷹木が真正面から受け止め激闘が展開された。

最後は鷹木が強烈なパンピングボンバーを打ち込み、とどめのラスト・オブ・ザ・ドラゴンで勝利した。

試合後、勝利を収めた鷹木はマイクで話し始めた。

■鷹木「来た、来た、来たー!神戸に来ちまったぜ。残念ながら、今日のメインでやる予定だった鷹木vs内藤は流れてしまったが、必ず近い将来、鷹木vs内藤、実現させてみせるからな、オイ。そのためにも!このIWGP世界ヘビー級王座を持ちながら、今回の『G1』、制覇してやろうじゃねえか、オイ!ということで!俺の言いたいことは以上だ」

※試合後バックステージコメントを全文掲載。

『G1 CLIMAX 31』
日時:2021年9月26日(日) 14:30開場 16:00開始
会場:兵庫・神戸ワールド記念ホール
観衆:2,250人

▼第2試合 30分1本勝負
スペシャルシングルマッチ
永田 裕志 ×
vs
鷹木 信悟 〇
16分51秒  ラスト・オブ・ザ・ドラゴン→片エビ固め

➡次ページ(試合後バックステージコメント)へ続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2