【新日本】タマの猛攻に苦戦するも一瞬の切り返しで棚橋が勝利「最短距離でオカダについて行く」<G1 CLIMAX31>

新日本プロレスは9月29日(水)、東京・後楽園ホールで『G1 CLIMAX 31』第6戦を開催。

今大会ではBブロック公式戦(3日目)全5試合が行われた。

第4試合の公式戦ではIWGP USヘビー級王者の棚橋弘至(1勝1敗)とタマ・トンガ(1勝1敗)が対戦。

試合はタマが棚橋のお株を奪う掟破りのスリングブレイドからのハイフライフローを披露。

対する棚橋も意地を見せハイフライアタックからハイフライフローを発射するも寸前でかわされる。

最後はタマのガンスタンを食らいカバーに来たところを切り返し横十字固めで3カウントを奪った。

試合後バックステージで棚橋は「今日はオレ、リベンジ戦だったんだよね。去年、一昨年か、タマに『G1』で負けてるから。オシッ! タマの成長を感じたよね。タマ・フライフローは効いたよ。(※立ち上がり)ヨシッ! よーし、勝ち星先行したところで言っておこうかな。ちょっくら、優勝してきます」とコメント。

※試合後バックステージコメントを全文掲載。

『G1 CLIMAX 31』
日時:2021年9月29日(水) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:664人

▼第4試合 30分1本勝負
『G1 CLIMAX 31』Bブロック公式戦
棚橋 弘至 〇(2勝1敗=4点)
vs
タマ・トンガ ×(1勝2敗=2点)
14分17秒  横十字固め

➡次ページ(試合後バックステージコメント)へ続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2