【新日本】無法殺法でEVILが勝利!錯乱のタイチにあべみほが泣きじゃくる<G1 CLIMAX31>

新日本プロレスは9月29日(水)、東京・後楽園ホールで『G1 CLIMAX 31』第6戦を開催。

今大会ではBブロック公式戦(3日目)全5試合が行われた。

第1試合は公式戦としてタイチ(2勝0敗)とEVIL(1勝1敗)が対戦。

荒れた両者の対決はセコンドのディック東郷とあべみほを巻き込んだ試合展開となった。

東郷があべみほを捕まえるとタイチが気を取られ、その一瞬のスキを見逃さずEVILがローブローからEVILを浴びせ、最後にSCORPION DEATHLOCKで締め上げレフェリーストップを勝ち取った。

※試合後バックステージコメントを全文掲載。

『G1 CLIMAX 31』
日時:2021年9月29日(水) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:664人

▼第1試合 30分1本勝負
『G1 CLIMAX 31』Bブロック公式戦
タイチ ×(2勝1敗=4点)
vs
“キング・オブ・ダークネス”EVIL 〇(2勝1敗=4点)
11分30秒  レフェリーストップ

➡次ページ(試合後バックステージコメント)へ続く

<写真提供:新日本プロレス>

【あべみほインタビュー①】聖帝タイチへ愛を捧げ続けるディーバが心境を激白!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2