【あべみほインタビュー①】聖帝タイチへ愛を捧げ続けるディーバが心境を激白!

新日本プロレス・聖帝タイチのディーバとして活躍しているタレントのあべみほ。コロナ禍で一緒に入場ができない日々が続いているが、本サイトに現在の心境を明かしてくれた。

ディーバあべみほとしてほとんど語ることのない、タイチへの愛、そして覚悟、プライベートまで全4回にわたって公開していく。

<コロナ禍の過ごし方、活動について>

 --今日はあべみほさんへのインタビューということで、プロレスTODAYにお越しいただきましてありがとうございます。もうね、あべさんが来るのを編集部一同、男ばっかりですけど、お待ちしておりました。

あべみほ「ちょろい。」

 --()

あべみほ「(笑)ありがとうございます。」

 --あべさんとは最近会場でもなかなかお会いできないので、ファンの皆さんにも喜んでいただけるんじゃないかなと楽しみにしております。まずは現状のコロナ禍の中で、今どういうふうにお過ごしされてらっしゃいますか。

あべみほ「ライブ配信が主ですね。あとは特にこれといって…。地方営業も少しずつ復活はしてきたんですけれども、やはりちょっと、新日本プロレスの興行に帯同していないというところをちょっと意識しながら、できる部分では自粛をして、生活してるっていうところはあります。」

 --なるほど。ファンの人は待ちわびてますよ。

あべみほ「ありがたいですね、そう言っていただけるのは本当ありがたいんですけど。これはちょっと難しいですが、私としてもやっぱりG1 CLIMAX開幕を前に、もちろん復帰したいっていう思いはあったんですけれども、ちょっと今ここで無理するところではないなっていうのがあるので。」

 --確かに。

 <タイチ選手とディーバの関係になったきっかけ>

 --次はタイチ選手のディーバになったきっかけみたいなところもファンの皆さんは周知だと思うんですけど、新しいファンに向けてしばらく空いてる期間を踏まえましてご説明頂ければ。ちなみにタイチ選手とは出身がもともとご一緒だったのですね。

あべみほ「そうです。石狩市の出身で実家もとても近くてですね、そもそもタイチ選手は地元でも有名でした。」

 --そうなんですか。

あべみほ「私自身も通学バスの中でタイチ選手の凱旋試合のポスターを見かけたり、あとはご実家が特にポスター貼りまくりで、とっても有名なので() みんな知ってると思います。」

 --どんな噂の先輩だったんですか。

あべみほ「噂のって言うよりは石狩出身の、石狩の名がついたレスラーさんがいるっていうのが私の高校時代のときに知ったことでしたね。そこから私がテレビに出させていただいて、それを拝見なさった聖帝が、検索して。」

 --アプローチをかけてきたと。

あべみほ「そうですね。」

 --なるほど。アプローチかけられた瞬間っていうのは、どんなふうなお気持ちでした。

あべみほ「あ、この人知ってる…、石狩の人だ…。っていう。」

 --()

あべみほ「小さな町なんですけれども。そこから出身で、活動されてる方っていうのは、他にあまり知らないので、すごい嬉しかったですね。純粋に。」

--タイチ選手のああいう今のスタイルっていうのは理解はされてらっしゃったんですか。

あべみほ「いや何にもです。」

 --じゃあ全く情報のない中で。

あべみほ「何もないです。」

 --そうだったんですね。

あべみほ「なので、はじめて試合を拝見したときは、何も考えずにふらっと行ったんですけど、うわ、すごいなんだこれ、っていう感想。後楽園ホールだったんですけど、友人と見に行かせていただいて、こんな世界があるんだなって。」

 --まさかね、そこに自分が。

あべみほ「まさかまさかです。思ってもなかったです。」

--そうですか。

あべみほ「だからこそディーバと呼ばれるようになったのは、わりかしいつだったかちょっと、私自身も定かではないんですけど、そういう呼ばれ方をすると思わずに始めましたし、最初はもう1回きりのつもりで出たんで、まさかこんな、今年で5年。」

 --もう5年ですか。

あべみほ2015年の1223日、大田区体育館でのGHCジュニアヘビー級5度目の防衛戦vs石森太二選手が私はじめての場だったので。」

 --私もその試合会場にいました。

あべみほ「最初は、本当にもう名前も出さなくていいし、もう愛情出演で出させてくださいと、ギャランティもいらないですと。それが条件だっていうことで、行かせていただいたんですけど、まさかこう続くとも思わなかったし、それが今となっては、そのディーバって呼ばれるようになったこと、最初は意味もわからなかったので、そう呼ばれる意味が。周りの方に教えていただいて、あーそうなんだ。」

--いま私ディーバなんだわって()

あべみほ「そうそうそう() どうやらそうみたい。っていう。」

 --そうですか。もう覚えてらっしゃるかわかんないですけど、まだディーバになる前に2回ぐらい私はお会いさせていただいたんですよね。白川(未奈)さんと一緒にプロレス観戦に来られたのかな?たしか。帰りに偶然会ったのかな。

あべみほ「それなんですかね。」

 --ノアさんの絡みだったような気がするんですけど。

あべみほ「だったらもうリングには上がってると思います。白川さんに初めてお会いしたのは、おそらくグラビアのお仕事だったと思うんですけど。」

 --その前でしたね。ノアさんじゃなかったですね。

あべみほ「なんかじゃあきっとたまたま…。あ、横浜文体です。」

 --横浜文体でしたっけ?

あべみほ「それはもう上がった後ですね。金丸選手が鈴木軍にいらしたときだったんですよ。」

 --記憶力すごくいいいですね。

あべみほ「覚えてますね。あれは2016年とかじゃないですか。」

 --僕もう全然記憶力わるいんで、そういう日付とかすっごい忘れちゃうほうなんですけど。じゃあもうタイチ選手との思い出のそういう記念試合というか、そういったことは結構いろいろと覚えてらっしゃるっていう感じですか。」

あべみほ「いや、なんででしょうね。ちゃんと覚えてますね。」

 --そうですか。

あべみほ「そういうタイプかもしれない。」

 --() 記念日大事にする方?

あべみほ「いや、大事にはしてないかもしれないですが、覚えてはいますね。」

 

⇒次ページ:聖帝タイチ選手に会えない寂しさ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2 3