【DDT】ベビーフェイスに転向したUNIVERSAL王者・佐々木大輔、10・12後楽園での木髙イサミとのタイトル戦に向け殊勝に防衛を宣言!

 DDTプロレスが10月5日、東京・千代田区の神田明神内で記者会見を開き、ベビーフェイスに転向したDDT UNIVERSAL王者・佐々木大輔が同12日、東京・後楽園ホールでの初V戦に向け、殊勝に王座防衛を宣言した。

 当初、同王座には藤田ミノルが挑戦予定だったが、体調不良のため欠場となり、10月3日の山形ビッグウィング大会で佐々木が挑戦者を公募。これに木髙イサミ(BASARA)が名乗りを挙げ、チャレンジャーが変更されての王座戦が緊急決定した。

 イサミは「BASARAで藤田さんと同じユニットでやっていて、名乗りを挙げました。去年(6月6日)、佐々木さんとは3WAYマッチ(佐々木、イサミ、勝俣瞬馬によるUNIVERSAL王座戦)で闘って、僕は『五輪イヤーにやりたい』と言ったんですが、佐々木さんは『10年くらいやりたくない』と言われたんですけど。このタイミングで挑戦できるのはうれしい」と話した。

 ヒールユニット・ダムネーションが9月26日の後楽園大会で解散したことに伴い、善玉への転向を決意した佐々木は正装で現れ、「ベビーフェイスの佐々木大輔です。挑戦者として名乗りを挙げてくださいましたイサミさん、BASARA様には感謝しかありません。ありがとうございます。藤田さんが欠場になりまして、イサミ選手が出てきてくれて感謝しかない。しかも、去年、このベルトを懸けて闘った記憶もありました。まさかその続きができるというのは、運命に感謝ですね」と必要以上に優等生発言。

「正々堂々闘うのか?」との問いに、佐々木は「正々堂々闘って、熱い試合をして防衛して。翌朝、早く目覚めて太陽の光を浴びる。これが私の目標です」と、人が変わったかのようなコメント。

 佐々木のファイトスタイルがこれまでと変わるであろうことについて、イサミは「そんなに対戦した経験はないけど、一筋縄ではいかない選手だと分かってる。スタイルを変えてきたところで厄介。シンプルな試合じゃない。もともとテクニックがある選手なので、その辺は注意したい」と警戒。

「前回対戦した際のイメージで闘うのか?」との質問に、イサミは「プロレスラーは1年くらいで、ヘタしたら別人になったりする。スタイルを変えてるところということで全く新しい闘いと思ってます」と、佐々木は「あの3WAYマッチはハードコアマッチだった。その時点で違う。反則もダメだし、凶器もない通常ルールだから。気を付けないといけない」と語った。

 また、新ユニット結成の可能性について、佐々木は「日頃の行いを、皆さんにベビーフェイスになったところを見せて。毎日掃除もして、悪くないところを見せれば、誰かが寄ってくるかもしれないけど、未定です」と述べた。

Get Alive 2021
日時:2021年10月12日(火) 開場17:30 開始18:30
会場:東京・後楽園ホール

DDT UNIVERSAL選手権試合
<王者>佐々木大輔 vs 木髙イサミ<挑戦者>
※第5代王者は初防衛戦。

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事