【CMLL】藤本つかさ、春輝つくし、向後桃のメキシコ9日目リポート

メキシコ遠征中の藤本つかさ、春輝つくし、向後桃の9日目のリポートが届いた。

メキシコ9日目。10月7日。

昨晩は、試合終了後、ルチャドール&ルチャドーラとともに、タコス屋にて遅い食事。それから深夜ホテルに戻ったのが、やはり2時過ぎ。メキシコは試合開始時間が8時半とか9時であるのがザラなので、どうしても食事して寝る時間となると深夜帯になってしまう。

そして、この日もまた朝の飛行機でメキシコシティへ戻るため、選手らは朝8時にはホテルを後にした。

昼には宿に戻る予定だったが、空港からの渋滞などもあり、戻ってからはほとんど休めず。滞在わずか数十分で、あわてて準備して4時からのテレビ出演に向けて出発するという状況になってしまった。

車の中で、番組の内容を確認して、話すことをまとめるという作業は、もはや芸能人並みのスケジュールだ。

ところで、グアダラハラの試合の合間にルチャドールのルヒドからスペイン語を学ぶ機会があった。

ルヒドはボラドール・ジュニア率いるロス・デプレダドーレスの一員で、先週、ボラドール練習の中にいたので、藤本たちとは面識ができていた。

藤本らは「右、デレチャ、左、エスキエルダ」というようにスペイン語の単語を一つ一つ教わる。

向後は1から10までをスペイン語で言えるようになり、滞在9日目にして少しづつ話せる単語も増えてきた。藤本も右と左を何度も繰り返し言い続け、これはマスターできた模様。

気をよくしたのか、別のルチャドールに「ユー・ネーム?」と英語で堂々、語り掛けていた(笑)。つくしに知っているスペイン語を尋ねると「チャパリータ!」の一点張り。

前回の来日で周りの選手からこう呼ばれることで、自然と覚えたという。今回もまた、周りからチャパリータと何度も呼ばれており、つくしの「つ」が発音しにくいのも影響しているようだ。

ホテルを出た3選手は先週に続き「CMLLインフォルマ」へ出演。この日はほかにダリス、ステファニー・バッケル、アビスパ・ドラダ、ソンヤも登場し、多国籍軍がついにそろい踏み。

優勝カップも披露され、いよいよグランプリの機運が高まってきた。そしてこの日はグランプリ用のジャージが各選手に渡された。

向後は「後ろにCMLLって入ってる。うれしい!」と大喜び。当日、選手たちはこのジャージをまとってセレモニーに出ることになりそうだ。

グランプリの機運がさらなる高まりを見せている。

番組出演後、さらに濃厚なスケジュールが詰まっていた。まずは、ミスティコのジムにてミスティコ練習。藤本ら3人はあのミスティコから直指導を受けるという恩恵を受けた。

さらにはウルティモゲレーロがオープンしたハンバーガー屋、ジュビアが開いたブティックを訪問。終了後はゲレーロの自宅にお邪魔して夕食をご馳走になった。

これらの2つは別項にて改めて!

藤本つかさ、春輝つくし、向後桃メキシコ遠征、 新規決定スケジュール

■10月11日 CMLL アレナプエブラ 藤本つかさ&春輝つくし&向後桃 VS ジュビア&ダリス&ハロチータ

■10月12日 CMLL アレナグアダラハラ

※カード未定

●女子版グランプリが日本時間の9日(土)午前10時30分からチケットマスターLIVEでPPV配信にて視聴可能。
https://tl.ticketmaster.com.mx/products/lucha-libre-cmll-en-streaming-14?_ga=2.60688174.280269719.1633565311-638304984.1633565311

〈記事・写真提供:泉井弘之介〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事