【新日本】石井がオーカーンに激勝!鷹木が矢野から勝利!ザックが裕二郎を関節葬!飯伏がロアに大苦戦!ヒロムとKENTAが注目一騎打ち!<G1 CLIMAX31>10.7広島

新日本プロレスは10月7日(木)、広島・広島サンプラザホールで『G1 CLIMAX 31』第11戦を開催。

今大会ではAブロック公式戦(6日目)を含む、全6試合が行われた。

メイン(第6試合)の公式戦は石井智宏(3勝3敗)とオーカーン(4勝2敗)がシングル初対戦。

またスペシャルシングルマッチとしてKENTAと高橋ヒロムが対戦。

<全試合結果&試合後バックステージコメント全文掲載>

『G1 CLIMAX 31』
日時:2021年10月7日(木) 17:00開場 18:30開始
会場:広島・広島サンプラザホール
観衆:1,364人

▼第1試合 20分1本勝負
大岩 陵平 ×
vs
エル・デスペラード 〇
6分38秒  インディアンデスロック

■試合後バックステージコメント

デスペラード「入門して半年ぐらいの人間になんか言うことあるかって?あるわけなかろう。ああ……とりあえず俺は個人的に、こないだノブさん(金丸)が『デスペラード、何してんだ?』って……すいません。家で慣れないことやって両ふくらはぎを肉離れしてました。まあ、リハビリにもならなかったのう。なるわけねぇんだけど……。

まあ、別に言いたいこともないから……。あ、ロビー。そうだ、忘れちゃいかん。まず……お前、気づいたらアメリカでジェイ(ホワイト)とやってんだな?

なんかいろいろ、すごいことやってな。俺もまぜろや、そんな面白そうな話よ。ジェイとよ、こないだデビューしたかばっかのアイツと、なんだこの差は!」

大岩「(※足を引きずりながら引き揚げてきて、大きく息を切らせ、終始、悔しそうな表情を崩さず)ああ!SHOと、金丸と、デスペラード、3回先輩と闘わせていただきましたが、全部、納得いく試合ができなかったです……もっと練習します。クソッ!もっと強くなります!ありがとうございました!」

 

▼第2試合 30分1本勝負
スペシャルシングルマッチ
高橋 ヒロム ×
vs
KENTA 〇
19分01秒  横入り式エビ固め

■試合後バックステージコメント

KENTA「(※しばしの無言ののち)ちょっと座らせて(※と言ってフロアにあぐらをかく)。これが“KENTA 2021”。なんか文句ある? 誰にも文句言わせねぇよ。たとえお前が言ったところで、お前らがどんなに批判しようと、これが俺だよ。これが俺の今。俺は、対ヘビーでやってきた2000年代、二千何年かもう細かい……あの時代のことも誇りに思ってるし、今の自分にも俺、誇りに思ってるよ。お前がなんと言おうと、お前らがどんだけ俺を侮辱しようとも、俺たちは関係ねぇよ。俺たちっていうか、なんでお前もこっち側入ってきてんだよ、俺たちって!俺には関係ねえよ。

ま、ヒロム、俺が思ってること変わんねぇよ、やる前から。まずテメェんとこ、まずテメェんとこ盛り上げろよ。ほかのヤツもそうだよ。俺が発したことにかみついてきて、お前、俺を火種にしてどうすんだよ?テメェらでそれやれよ。違う?テメェらがそれ作って面白くすんだろうよ?仲良しこよしはいいんだよ。な?(いら)ねぇんだよ。まずそれやれよ。ちょうど次、ジュニアの……『(BEST OF THE)SUPER Jr.』あんだろ?最高に盛り上げてみろよ。(石森)太二と金丸義信いんだろ? “ONE OF THE BEST”が2人もいて、面白くならねぇわけねーだろ?(その2人を)うまく使えよ。

ほんで、次は、誰だ?ザック?ザックね。アイツがまだペーペーだった頃から知ってるけど、ずいぶん調子こいてちゃって。なあ?最近、調子乗っちゃって、バックステージも滑らかなご様子で……ええ?まあ、俺しかいねぇだろ、ザック止めんの? なあ次……完全に、ガッチリ、ザック止めてやるよ……いや、もう止まってんだよ!トモ(石井)が止めてんだろ!ツッコめよ!ハァ……止まってんだよ、もう。でも、ここ俺、ザックもいただくぞ。やってやるよ、ザック。ザック、ザック、ザック、ザック……。(※ゆっくり立ち上がりながら)まあ結局、俺がなに言いたいかっていうと……高橋ヒロム、面白ぇじゃねーか。これからまだまだやってやるよ」

ヒロム「情けねえ……情けねえ……情けねえよ、これだけ言って! (※手にしていたジャケットをフロアに叩きつける)これだけ言って、このザマだ。ただ、俺が言ってきたことは、やってきたこと、これだけは否定されたくない! いつの日か、いつの日か必ず! 新日ジュニアが、最高だってことを証明してやる。

(※控室に歩を進めながら)情けなさすぎる。弱い……情けない! ああーーーーーッ! クソーーーーーーッ! ああーーーーーーッ!」

 

▼第3試合 30分1本勝負
『G1 CLIMAX 31』Aブロック公式戦
飯伏 幸太 〇(5勝2敗=10点)
vs
タンガ・ロア ×(2勝4敗=4点)
13分46秒  カミゴェ→体固め

■試合後バックステージコメント

飯伏「(※這ってコメントスペースに入ってくる。フロアに仰向けになったままで)予想通り……凄いな……。タッグじゃもったいない。ほんとに……。今からでも、シングルプレーヤーになった方がいい……。いや凄い、凄い、ほんとに……。

(※上半身を起こして)凄いよ……これが遺伝子ですか……。凄いな、ホントにビックリしました……。こんな一発が大きい外国人、久々ですね、ほんとに……。なんだったんだ今?あれでもまだ出し切ってないですよね、たぶん?いやぁ、何回でも、何回でもやりたい……。まあ今日はまぐれ勝ちですか。でも1勝は1勝。ちゃんと、ヒザで仕留めたんで……。

(※ゆっくり立ち上がりながら)でも、新しい技を、編み出しておかないと……。まあ『G1』はいろいろありますけど、楽しいですよ、非常に……」

タンガ「(※軽く拍手をしながら)イブシ、おめでとう。勝ったのはお前だ。俺はうれしいよ、イブシとの1対1の勝負ができて……。今日は負けてしまったが、次は俺が勝つ。ありがとう」

➡次ページ(『G1 CLIMAX 31』Aブロック公式戦・後半戦)へ続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2 3