【東京女子】乃蒼ヒカリが愛野ユキを退けIP王座3度目の防衛に成功!「全員とタイトルマッチをして防衛して、東京ドームでまたユキさんとできれば・・・」

 東京女子プロレスが10月9日、東京・大田区総合体育館で年間最大の祭典「WRESTLE PRINCESS Ⅱ」を開催。インターナショナル・プリンセス(IP)王者の乃蒼ヒカリが、愛野ユキの挑戦を退けて3度目の防衛に成功した。

 9月15日、東京・新宿FACEでのタッグ戦で乃蒼から直接フォールを奪って挑戦権を得た愛野は、一歩も引かず、一進一退の互角の攻防を展開。

愛野はヴィーナスDDTを決めて一気にたたみかけたが、UBVを阻止した乃蒼がトラースキックからブリザード・スープレックスを決めて3カウントを奪い、王座を死守した。

 乃蒼は「やっぱり熱い人は私もやっててゾクゾクするし、この人のプロレス人生を狂わせてやりたいなって。ユキさんと大田区でタイトルマッチをさせていただいてうれしかった。東京ドームシティホールがまた決まって。東京女子が東京ドームとかでやる日も近いんじゃないですか? そのときまでに東京女子の全員とタイトルマッチをして防衛して、東京ドームで、またユキさんとタイトルマッチができればいいなと思いました」とコメント。

 愛野は「ヒカリは私にはないプロレスの脳みそ、思考回路が感じられて。そこに動揺するようではまだまだだなって。そういったものに動ぜずに闘える選手になりたい。この大きいところでベルトを懸けて闘えてうれしかったです。また頑張ります」と話した。

【大会名】WRESTLE PRINCESS Ⅱ
【日時】2021年10月9日(土)
【会場】東京・大田区総合体育館
【観衆】914人

オープニングマッチ 20分一本勝負
○らく&原宿ぽむ&ラム会長 
vs 
猫はるな●&桐生真弥&鳥喰かや
10分9秒 片エビ固め
※ドクターイエロー

第二試合 3WAYマッチ 20分一本勝負
辰巳リカ vs ●ハイパーミサヲ vs 天満のどか○
10分55秒 片エビ固め
※キルスイッチ

第三試合 20分一本勝負
○上福ゆき&朱崇花 
vs 
角田奈穂●&小橋マリカ
10分30秒 片エビ固め
※ダイビング・フェイマサー

第四試合 20分一本勝負
里歩&○中島翔子 
vs 
鈴芽●&遠藤有栖
14分52秒 片エビ固め
※ダイビング・セントーン

第五試合 スペシャルタッグマッチ 20分一本勝負
○アジャコング&宮本もか 
vs 
渡辺未詩&荒井優希●
16分3秒 片エビ固め
※ダイビング・エルボードロップ

第六試合 インターナショナル・プリンセス選手権試合 30分一本勝負
<王者>○乃蒼ヒカリ vs 愛野ユキ●<挑戦者>
11分27秒 ブリザード・スープレックス・ホールド
※第6代王者が3度目の防衛に成功。

セミファイナル プリンセスタッグ選手権試合 30分一本勝負
<王者組>沙希様&●メイ・サン=ミッシェル 
vs 
<挑戦者組>坂崎ユカ&瑞希○
18分33秒 キューティースペシャル
※沙希様組が3度目の防衛に失敗、マジカルシュガーラビッツが第9代王者組となる。

メインイベント プリンセス・オブ・プリンセス選手権試合 30分一本勝負
<王者>○山下実優 vs 伊藤麻希●<挑戦者>
17分23秒 片エビ固め
※クラッシュ・ラビットヒート。第9代王者が3度目の防衛に成功。

〈写真提供:東京女子プロレス〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事