【DDT】EXTREME王者・青木真也が堀田祐美子の反則攻撃に苦戦も薄氷の防衛も、両者ともに再戦を希望!

 DDTプロレスが10月12日、東京・後楽園ホールで「Get Alive 2021」を開催。DDT EXTREME王者・青木真也が挑戦者・堀田祐美子の反則に苦しみながらも3度目の防衛に成功した。

 同選手権は王者がルールを希望できるが、性別の垣根を超えた一戦で、総合格闘家でもある青木が指定したのは、自身に不利とも思える通常プロレスルール。

 開始早々、場外に戦場を求めた堀田がチェーン、イスで攻撃し、鉄柱に額をたたきつけると青木は大流血。さらに制止に入ったレフェリーに暴行をはたらき反則負けが宣せられた。これに不満の堀田は「プロレスは何でもあり。もう1回やらせろ。私のルールで」と要求、青木がこれを認めたため、堀田のみ反則OKのルールで再試合となった。

 堀田はイス攻撃、そしてチェーンで殴る、絞首刑、ラリアットと攻め立てると、ピラミッドドライバー狙い。ここで、青木が一瞬のワキ固めに切り返してタップを奪った。

 青木は「やられっぱなし。もう1回やりたい」と再戦をアピール。堀田は「認めたくないけど、流血した後、怖い青木が出た。今度は私が決めたルールで闘え」と雪辱期していた。

 また、この日、第3ダークマッチで、“全女イズム”を掲げて赤井沙希と対戦した、堀田祐美子の愛弟子・川畑梨瑚はドロップキック連発、全女式押さえ込みなどで攻め立てたが、赤井の三角絞めでギブアップ負けした。「私、全女イズムって言われても全然知らなくて。だけど、堀田さんのもとで学んでいる、アンタとリングで触れ合うことできて、その全女イズムの端っこ、ちょっとだけでも分かった気がするわ。でもウチも、このDDTで生まれて育って、DDTイズムを背負ってんねん。だからお互い違うイズムを背負って、お互い頑張りましょう」(赤井)。

【大会名】Get Alive 2021
【日時】2021年10月12日(火)
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】558人(満員)

第一ダークマッチ 10分一本勝負
高梨将弘&アントーニオ本多&○バリヤンアッキ 
vs 
伊橋剛太&納谷幸男&高鹿佑也●
6分29秒 片エビ固め
※ナマステプレス

第二ダークマッチ 10分一本勝負
○ヨシヒコ vs 平田一喜●
6分46秒 輪廻転生からのワキ固め

第三ダークマッチ 10分一本勝負
○赤井沙希 vs 川畑梨瑚●
4分49秒 三角絞め

オープニングマッチ 石田有輝デビュー戦 30分一本勝負
○樋口和貞 vs 石田有輝●
5分34秒 体固め
※チョークスラム

第二試合 KO-D8人タッグ選手権試合 60分一本勝負
<王者組>谷津嘉章&○彰人&大和ヒロシ&中村圭吾 
vs 
<挑戦者組>秋山準&岡田佑介&渡瀬瑞基●&岡谷英樹
11分19秒 飛行機投げ固め
※第5代王者組が初防衛に成功。

第三試合 DDT EXTREME選手権試合 60分一本勝負
<王者>○青木真也 vs 堀田祐美子●<挑戦者>
2分4秒 反則勝ち
※レフェリー暴行。第52代王者が3度目の防衛に成功。
再試合 DDT EXTREME選手権試合~堀田のみノーDQマッチ 60分一本勝負
<王者>○青木真也 vs 堀田祐美子●<挑戦者>
1分30秒 ワキ固め
※第52代王者が4度目の防衛に成功。

第四試合 ハンディキャップマッチ 30分一本勝負
男色“ダンディ”ディーノ&飯野“セクシー”雄貴&×今成“ファンタスティック”夢人 
vs 
大鷲透&高尾蒼馬×with高木三四郎
9分42秒 無効試合
※フェロモンズの暴走

第五試合 Road to D王GPスペシャル6人タッグマッチ 30分一本勝負
遠藤哲哉&○樋口和貞&クリス・ブルックス 
vs 
火野裕士&上野勇希&MAO●
15分24秒 エビ固め
※ブレーンクロー・スラム

セミファイナル DDT UNIVERSAL選手権試合 60分一本勝負
<王者>○佐々木大輔 vs 木髙イサミ●<挑戦者>
14分11秒 クロスオーバー・フェースロック
※第5代王者が初防衛に成功。

メインイベント KO-Dタッグ選手権試合 60分一本勝負
<王者組>竹下幸之介&●勝俣瞬馬 
vs 
<挑戦者組>HARASHIMA&吉村直巳○
17分31秒 体固め
※投げっ放しパワーボム。竹下&勝俣組が3度目の防衛に失敗、HARASHIMA&吉村が第71代王者組となる。

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事