【新日本】後藤洋央紀が3勝で『G1』を終えるも「俺はNEVER6人タッグチャンピオンとして、弱音は吐いていられない」<G1 CLIMAX31>10・20日本武道館大会

新日本プロレスは20日(水)、東京・日本武道館にて『G1 CLIMAX 31』を開催した。

今大会ではBブロック最終戦が行われ、NEVER無差別級6人タッグ王者・後藤 洋央紀(2勝6敗)と14日山形大会で全勝のオカダ・カズチカを止め番狂わせを演じた、タマ・トンガ(3勝5敗)の対決は、互いに持ち味を見せる展開を後藤がガンスタンをかわして後藤参式で丸め込み3カウントを奪った。

最終戦に勝利したが、G1のGは後藤のGと語っているだけに3勝6敗という結果は悔しいものとなった。

G1 CLIMAX 31
日時:2021年10月20日(水) 18:00開始
会場:東京・日本武道館

第2試合 30分1本勝負
『G1 CLIMAX 31』Bブロック公式戦
後藤 洋央紀
vs
タマ・トンガ

〈写真提供:新日本プロレス〉

⇒次ページ:バックステージコメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2