【WWE】新王者シャーロット・フレアーが名乗りを上げるサーシャ・バンクスと乱闘


©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

日本時間10月23日、カンザス州ウィチタのイントラスト・バンク・アリーナで行なわれたスマックダウンがライブ配信された。

移籍が決定しているロウ女子王者シャーロット・フレアーがスマックダウン女子王者ベッキー・リンチと舌戦を展開しながらタイトル交換を行うと現れた“ボス”サーシャ・バンクスに襲い掛かって乱闘となった。

WWEオフィシャルのソーニャ・デビルが「2人は王座を交換してそれぞれ移籍したブランドで王者になる」と仕切ると嫌々王座を交換したシャーロットは「ベッキーは2冠になりたいんでしょ。だったら勝者総取り戦をすればいいじゃない」と王者対決を提案した。


©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

するとそこへサーシャが現れて「私がSDを仕切ってるのよ。シャーロットが移籍して王座を引き継ぐなんて…」とクレームをつけるとベッキーは「サバイバー・シリーズで会おう」と言ってリングを去り、シャーロットは「サーシャが王者だったのを覚えている人がいるのかしら?」と挑発して2人は乱闘に発展。

シャーロットはサーシャのメテオラを食らったが、ソーニャに止められて乱闘が収まるとサーシャと睨み合って火花を散らした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事