【WWE】ロウ女子王者ベッキーがSD女子王者シャーロットとの女子頂上決戦を制す「私がベストだ!」


©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

日本時間11月22日、ニューヨーク州ブルックリンのバークレイズ・センターにて行なわれたPPV「サバイバー・シリーズ」がライブ配信された。

ロウ女子王者ベッキー・リンチがPPV「サバイバー・シリーズ」でSD女子王者シャーロットと“女王対決”で激突するとロープを掴んだ丸め込みでシャーロットを撃破して女子頂上決戦を制した。

ベッキーは序盤からディスアーマーを狙うとポストやバリケードにシャーロットを叩きつけて攻め込んだが、シャーロットにスピアーやバックブリーカーで反撃されて闘志がぶつかり合う攻防を展開。


©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

さらにベッキーはシャーロットのダブル・ムーンサルトを食らいながらも、必殺のマンハンドルスラムを決めたが、これはロープエスケイプ。


©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

続けてベッキーはシャーロットの場外ムーンサルトや掟破りのディスアーマーを食らうとロープを掴んで丸め込まれたが、これはレフェリーに指摘されると最後はお返しとばかりにロープを掴んだ丸め込みでシャーロットから3カウントを奪取。

試合後には女子頂上決戦を制したベッキーは「私がベストだ!」と絶叫した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事