【WWE】王者ベッキー・リンチが次期挑戦者リブ・モーガンの顔面エルボーを食らって遺恨激化

日本時間11月23日、ニューヨーク州ブルックリンのバークレイズ・センターにて行なわれたロウがライブ配信された。


©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

ロウ女子王者ベッキー・リンチが次期挑戦者リブ・モーガンのインタビューに割り込んで挑発するとリブの顔面エルボーを食らって2人の遺恨が激化した。

リングに登場したベッキーはPPV「サバイバー・シリーズ」のシャーロット・フレアー戦を振り返りながら「新しいチャプターに進むが、次期挑戦者は負け犬のリブ・モーガン。私に勝てる訳がない」と言い放った。

さらにベッキーはバックステージでリブのインタビューに強引に割り込んで「タイトルを手にしたことがない」と挑発するとリブに「先週、手にしたけど」と反論された。

するとベッキーは「ファンの子にタイトルを持たせることはあるけど、その子が王者になったってことじゃない」とリブを子ども扱いすると感情を露わにしたリブに顔面エルボーを叩き込まれた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事