【ガンプロ】高岩竜一がトーナメントを制し、初代スピリット・オブ・ガンバレ世界無差別級王座を戴冠「IWGP、GHCのレベルまで上げていきます」

 ガンバレ☆プロレスが11月23日、東京・成増アクトホールで「LECクリンぱっ!presents ガンバレ☆クライマックス2021 FINAL ROUND」を開催。高岩竜一がシングル最強を決める「ガンバレ☆クライマックス2021」トーナメントの準決勝で勝村周一朗、決勝で今成夢人を破って優勝を果たし、新設されたスピリット・オブ・ガンバレ世界無差別級初代王者の座に就いた。

 準決勝で高岩はパワーで攻め込むも、勝村はことごとく得意の関節技を決めて応戦。なんとか勝村の関節地獄を力で脱した高岩は高岩ドリラー、ラリアット、デスバレーボムを繰り出して3カウントを奪い、決勝にコマを進めた。

 もう一つの準決勝では、今成が黒田哲広のラリアット12連発を食いながらもフォールを許さず。黒田が地団駄ラリアットで決めにいくも、これは今成がラリアット相打ちに持ち込んだ。

勝機と見た今成は強烈なエルボー連打から、ローリングエルボーをたたき込み、ルー・テーズプレスで殊勲の3カウントを奪取した。

 今成VS高岩の組み合わせになった決勝は開始早々から激しいチョップ合戦、エルボー合戦で開戦。

一進一退の攻防が続くなか、10分過ぎ、今成がエルボー連打をたたき込むも、高岩はラリアット、デスバレーボムで反撃。

今成のルー・テーズプレスを回避した高岩は高岩ドリラー、ラリアット、そして雪崩式デスバレーボムを豪快に決めて勝負あり。歴史に残る初代王座は団体外に流出した。

 高岩は「俺はIWGPジュニア、GHCジュニアを持ってました。これをそのレベルまで上げていきます。ガンプロのみんな、いつでも胸を貸してやる。かかってきなさい。皆さんの声援、所属選手でガンプロを盛り上げていきましょう」とマイク。

 バックステージで高岩は「相手が今成とあって、技とかじゃなくて気合を前面に出して、49歳頑張りました。(今成は)響くものがあって、すごく若返った気になりました。初代となると、思い出すのが大谷(晋二郎)と獲ったIGWPジュニアタッグ。あのときの気持ちそのままにギラギラしてます。このベルトをIWGP、GHCと並べるようにもっていきたい。(防衛戦は)まだまだ僕は終わらない。もちろん中の人間に頑張ってもらいたいですけど、ベルトの底上げという意味ではいろんな血が入っていた方がいい。ガンプロの選手のも来てくれたらどんどん胸を貸します」とコメント。

 決勝で散った今成は「自分の人生もしんどいことを乗り越えてきたつもりです。だけど、その上に高岩さん、しいてはライオンマークみたいなものがありました。僕の生き方がインディーだとして、そういうものを積み重ねてきた。ライオンマークがもっともっとすごいものを積み重ねてきたんだなと感じました。僕は自分のタフさに自信がありましたけど、高岩さんはもっとタフだった。黒田さんとも胸いっぱいでございます。FMW、ライオンマーク、いろんなものが壁になっていました。頂にライオンマークの道場で汗を流した人がいるんだから、そこに向かって泥臭く努力するだけ。もっと努力します」と唇を噛みしめながら前を向いた。

 準決勝で敗れた勝村は「負け惜しみじゃないけど、自分のスタイル、プロレスは間違ってなかった。あとひと絞めできればいけたかな。悔しいです。トーナメント勝ち上がるために、おそらく一番体重の軽い僕が勝ち上がるためにどうしたらいいかというので、一点集中で関節なり絞め技なり、このスタイルで勝ち上がって。ほかの人にできないスタイルをつくり上げられた。本当は優勝して証明したかったんですけど、ほかの人にできないプロレスをやって、もう1回、イチからになるけど、ベルトに挑戦できる位置まで上がっていきたい」とコメント。

 黒田は「今日誕生日で50歳。ベルトを獲るという誕生日記念のもくろみが破れて。今成の方が強かったってことです。勝ちにこだわってた。気持ちで負けてたってことです。最後のエルボーは効きました」と肩を落とした。

 また、同団体は試合前に緊急記者会見を公開で開き、22年1月、2月の日程を発表。1月8日の東京・北沢タウンホール、同10日の東京・板橋グリーンホールでは午後0時、3時半、6時半のタイムスケジュールで、前代未聞の1日3興行を開催。北沢大会は翔太プロデュース、春日萌花プロデュース、本体興行で、板橋大会は本体興行、選手会興行、今成プロデュースとなる。2月は5日に横浜ラジアントホール、13日に大阪・すみのえ舞昆ホール大会を行い、27日には5ヵ月ぶりとなる後楽園大会を開催する。

 大谷現場監督は「来年1月8日、プロレス界では大きな闘いも行われるようです。しかし、プロレスの力を信じるのは我々も一緒です。(2日で6興行で)涙あり笑いあり元気いっぱいの勇気、元気の伝わる闘いをお約束します」とコメント。

LECクリンぱっ! presents ガンバレ☆クライマックス2021 FINAL ROUND
【日時】2021年11月23日(火・祝)
【会場】東京・成増アクトホール
【観衆】141人

▼第一試合 LECクリンぱっ! presents ガンバレ☆クライマックス2021準決勝 時間無制限一本勝負
○高岩竜一 vs 勝村周一朗●
13分36秒 片エビ固め
※デスバレーボム

▼第二試合 LECクリンぱっ! presents ガンバレ☆クライマックス2021準決勝 時間無制限一本勝負
●黒田哲広 vs 今成夢人○
10分57秒 体固め
※ルー・テーズプレス

▼第三試合 ガンプロスペシャルミックト6人タッグマッチ 30分一本勝負
○春日萌花&HARUKAZE&バリヤンアッキ vs まなせゆうな&YuuRI●&島谷常寛
12分23秒 片エビ固め
※ダイビング・フットスタンプ

▼第四試合 LECクリンぱっ! presents ガンバレ☆クライマックス2021スペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
○大家健&前口太尊 vs 石井慧介&冨永真一郎●
9分42秒 片エビ固め
※炎のスピア

▼セミファイナル 若通vsDNA!ガンプロスペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
○翔太&高尾蒼馬 vs 岩崎孝樹&渡瀬瑞基●
16分12秒 片エビ固め
※フロッグスプラッシュ

▼メインイベント LECクリンぱっ! presents ガンバレ☆クライマックス2021決勝戦~初代スピリット・オブ・ガンバレ世界無差別級王座決定戦 時間無制限一本勝負
○高岩竜一 vs 今成夢人●
12分37秒 片エビ固め
※雪崩式デスバレーボム。高岩がLECクリンぱっ! presents ガンバレ☆クライマックス
2021を初優勝、並びに初代スピリット・オブ・ガンバレ世界無差別級王者となる。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事