【WWE】中邑真輔がウンベルトを“サンクスギビング”テーブル葬もブーグスは敗戦


©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

日本時間11月27日、ノースカロライナ州グリーンズボロのグリーンズボロ・コロシアムで行なわれたスマックダウンがライブ配信された。

IC王者中邑真輔がブーグス対エンジェルのセコンドに付くと介入するウンベルトを蹴り倒して“サンクスギビング”テーブル葬にするもブーグスはエンジェルのウィングクリッパーで敗戦となった。

中邑がセコンドに付く中、ブーグスが場外のサンクスギビングの残り物が置かれたテーブルのまわりで攻防を展開するとリングではスープレックスやパワーボムをエンジェルに叩き込んで勢いづいた。


©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

しかし、テーブル上のウンベルトに勝手にギターを使われると中邑がすかさず演奏するウンベルトを蹴り倒してテーブル葬にしたが、その隙にブーグスがエンジェルのウィングクリッパーを食らって敗戦した。


©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事