【アイスリボン】世羅りさ・柊くるみ・宮城もち・藤田あかね・鈴季すずの5人でハードコア・デスマッチユニット『プロミネンス』を結成!今後はハードコア・デスマッチ分野を主戦場に

1日、アイスリボンは退団となる選手に関する会見を行った。

退団をすることとなった「世羅りさ・柊くるみ・宮城もち・藤田あかね・鈴季すず」の5人でハードコア・デスマッチユニット『プロミネンス』を結成し、来春の自主興行を目指しながら、ハードコア・デスマッチの分野を主戦場としながら進んでいくことを表明した。

 

9年間所属した団体を離れる決意をした世羅りさは自身の思いをTwitterに投稿している。

 

契約形態としては大量離脱となったアイスリボンだが、選手との関係は円満であり、今後もアイスリボンの大会へは継続参戦することとなり、現在インターナショナルリボンタッグを保持する世羅りさと雪妃真矢のアジュレボも王者継続となる。それぞれの自主性を重んじた結果での今回の発表となった形だ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事