【新日本】『WTL』タイチ&ザックが内藤&SANADAを撃破し単独首位へ!後藤&YOSHI-HASHIが棚橋&矢野に快勝!BULLET同門対決はEVILが非情攻撃で勝利を強奪!<12.2春日部:全試合結果>

新日本プロレスは12月2日(木)、埼玉・ウイング・ハット春日部で『WORLD TAG LEAGUE 2021 & BEST OF THE SUPER Jr.28』第14戦を開催。

今大会は『WTL』の公式戦の7回戦を含む全7試合が行われた。

メインの公式戦は内藤哲也&SANADA(5勝1敗)とタイチ&ザック・セイバーJr.組(5勝1敗)が対戦。

首位タイの両チームが直接対決となったが、現IWGPタッグ王者のデンジャラス・テッカーズが残り11秒で試合を制した。

試合後、勝利を収めたタイチがマイクを手に取り「残念だったな、ハポンのファンども。デ・ハポン、やりたかっただろ?オマエもオマエもオマエも。さっさと帰れ、コノヤロー。内藤&SANADAじゃねえんだよ、このリーグ戦の主役はよ。いいか、両国の“土俵”に立ってるのは俺たちだ。俺たちデンジャラス・テッカーズが最強なんだ。わかったか、コノヤロー」と言い放った。

※全試合結果&試合後バックステージコメント全文掲載

『WORLD TAG LEAGUE 2021 & BEST OF THE SUPER Jr.28』
日時:2021年12月2日(木) 17:30開場 18:30開始
会場:埼玉・ウイング・ハット春日部
観衆:633人

<試合結果>

▼第1試合 10分1本勝負
中島 佑斗 △
vs
藤田 晃生 △
10分00秒  時間切れ引き分け

■試合後バックステージコメント

藤田「いつもいつも、中島さんは試合が終わった後に、自分のことを『落ちこぼれ』って言うけど、どういう意味か全然分かんないっす。自分に自信がないんすか? 自分がやってきたことに自信がないんすか? 自分と大岩は、自分たちのことをエリートとなんか思ってません。でも、やってきたことに自信があります。ヤングライオンの中で1勝を挙げるのは、絶対に自分です。ありがとうございました!」

中島「あー、クソー! 自分に対してフラストレーションしか溜まんねぇ、あー、クソッ! 早く巻き返して、一番後ろから這い上がりてぇんだよ。クソーッ! 今シリーズ、残り試合全部、俺が勝ってやるよ、チクショー!」

 

▼第2試合 30分1本勝負
『WORLD TAG LEAGUE 2021』公式戦
本間 朋晃 〇
真壁 刀義
(1勝6敗=2点)
vs
TAKAみちのく ×
鈴木 みのる
(0勝7敗=0点)
10分11秒  こけし→片エビ固め

■試合後バックステージコメント

真壁「オイ、やっと白星だなぁ、オイ! 来たぜオイ、この流れだよ。この勢いがありゃ間違いねぇだろうよ、コノヤロー! こけしもよく頑張ったよな、オイ! あぁ!? アイツ一人でもよぉ、やれる男なんだよ。ただちょっとだけ厳しくよぉ、やれるところで返してこいって俺はいつも思ってっから。いいんじゃねぇの? 今日は最高だな、オイ!

ここまでやられてやられてやられ放題やられてよぉ、最後返さなかったら男じゃねぇだろう。あぁ!? こけし返したな、オイ! 決めたなぁ! オイ、これが今の全てだよ。やりゃぁできんだよ。テメェら、見逃すんじゃねぇぞ。俺たち、こっから駆け上がってやる!」

本間「とうとう始まりました『WORLD TAG LEAGUE』! 今日開幕、開幕戦勝利、最高の出足! 最高だよ! 勝つってのも気持ちいいし、勝つために日々練習してきたわけだし。ただ、アイツらやっぱり、簡単に勝たせてくれる相手じゃなくて、(※後頭部に手をやり)あー、首痛てぇけど、こけし、開幕戦、何とか勝つことができました! これから全勝して、優勝、優勝だ!」

TAKA「(※胸のあたりを押さえながら、腰を屈めて)アー、クッソーッ! アー、クソーッ! ポンコツにやられたー! あんなポンコツに、クッソーッ! 俺が一番ポンコツなのか? クソーッ!(※と言いながら、来た方と反対側に去っていく)」

※鈴木はノーコメント。

 

▼第3試合 30分1本勝負
『WORLD TAG LEAGUE 2021』公式戦
小島 聡 ×
天山 広吉 
(2勝5敗=4点)
vs
チェーズ・オーエンズ
バッドラック・ファレ 〇
(5勝2敗=10点)
10分45秒  グラネード→片エビ固め

■試合後バックステージコメント

ファレ「またしても“ISLAND BOYS”の勝利だ! 俺たちトンガンズは……」

チェーズ「トンガンズは……」

ファレ「いつも……」

チェーズ「いつも阿吽の呼吸だ!」

ファレ「阿吽の呼吸」

チェーズ「それから……」

ファレ「あの年寄り2人に対し、もう……」

チェーズ「引退の時が来たと思い知らせてやった! ああ! 誰も予想できなかったほどの好成績だ! ファレ&チェーズの成績は5勝2敗! これで10点だ! 残りあと何試合だ? 4つか? 優勝決定戦進出はほぼ確定だな。それから……」

ファレ「俺たちが優勝した時のためにクリプトカレンシーをちゃんと用意しておけよ!」

チェーズ「さっさと動け! 俺たちの『WORLD TAG LEAGUE』優勝がもうそこまで迫ってきた。『WRESTLE KINGDOM』の舞台に上がるのは俺たちだ。俺たちに大金を賭けて間違いないぞ」

ファレ「クリプト・チャンピオンズ……」

チェーズ「やっぱり“クリプト王座”に変更するべきだな。ああ、その方がいい」

ファレ「♪Island Boys♪……」

天山「コジよぉ、大丈夫か、コジ。今回の『WORLD TAG LEAGUE』、こんなにコジと一生懸命やってんねんけど、なかなか勝てない。こないだは俺が負けて、今日はコジが取られた。でもねぇ、まだまだ、このまま続いていく『WORLD TAG LEAGUE』、終わるわけにはいかない。出た以上、2021年、何が何でも、今年最後の最後まで突っ走っていく。(※まだうずくまっている小島の背中に語りかけるように)なぁコジ、俺たちは、ダテに30年やってるわけじゃないんだ。いつでも立ち上がって、また次に向かっていこうぜ。(※と、小島に手を差し伸べる。小島は起き上がり、天山と握手。天山は先に控室へ)」

小島「(※立ち上がって)ここまで長い時間、プロレスラーをやってこれてるのは、誰の力とかそういうのじゃなくて、俺の使命とか、いろんな思いあるけど、一番は、見てくれてる人がいるからだ。人のためにプロレスやってるよ。何かおかしいか? 誰かのためにプロレスやってることがおかしいか? 自分のためにプロレスやることも大事だけど、誰かのために、ファンのために、もっと大切な人、周りの人のために、いろんな人に支えられて、今日までプロレスラーやってるんだよ。なぁ、その思いを最後まで貫いて、諦めないで、優勝する」

➡次ページ(後半戦)へ続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

Pages 1 2 3