【全日本】岩本煌史が契約満了につき12月31日付で退団へ

全日本プロレスは6日、昨日の後楽園ホール大会で退団を発表した野村直矢、そして岩本煌史が契約満了につき2021年12月31日付で退団することを発表した。

この発表に諏訪魔は自身のTwitterに岩本と肩を組んだ写真を載せ「岩本が新たな目標達成に向けて動き出しました。 俺は岩本を応援し続けます。 頑張れ岩本!また飲もう!! 」とつづった。

岩本はこのツイートを引用して「諏訪魔さん、本当にありがとうございます。 退団したいと会社に伝えた時に真っ先に電話をくれて最後まで引き留めてくれたのが諏訪魔さんでした。 諏訪魔さんには本当にお世話になり感謝しかありません。 また色々なところに飲みに行きましょう! 沖縄で一緒に吐くまで飲んだのは良き思い出です笑」と感謝を述べていた。

以下、公式サイトより

野村直矢選手、岩本煌史選手が契約満了につき退団のお知らせ

この度、弊社所属選手の野村直矢選手、岩本煌史選手が契約満了につき

2021年12月31日付で退団することになりました事をお知らせさせて頂きます。

退団に伴い、12月16日後楽園大会にて所属としてのラストマッチを行います。

今後も野村直矢選手、岩本煌史選手並びに全日本プロレスへの、変わらぬご声援の程

よろしくお願い致します。

全日本プロレス

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事