【新日本】『WTL』内藤&SANADAがG.o.Dを撃破し7勝目!後藤&YOSHI-HASHI、オーカーン&ヘナーレ、タイチ&ザックも7勝で混戦状態!<12.7岡山:全試合結果>

新日本プロレスは12月7日(火)、岡山・ジップアリーナ岡山で『WORLD TAG LEAGUE 2021 & BEST OF THE SUPER Jr.28』第18戦を開催。

今大会は『WTL』の公式戦の9回戦を含む全7試合が行われた。

メインの公式戦は、内藤哲也&SANADA(6勝2敗)と『WTL』二連覇を狙うタマ・トンガ&タンガ・ロア(5勝3敗)が対戦。

試合に勝利した内藤がマイクを手に取り「今日の勝利でリーグ戦、7勝2敗。俺たちが目指してたものは全勝優勝だったわけで、それは叶いませんでしたがここから全部勝ち進んで、そして、『WORLD TAG LEAGUE』、SANADAと優勝してきたいと思います!」と優勝宣言を行った。

※全試合結果&試合後バックステージコメント全文掲載

『WORLD TAG LEAGUE 2021 & BEST OF THE SUPER Jr.28』
日時:2021年12月7日(火) 17:30開場 18:30開始
会場:岡山・ジップアリーナ岡山
観衆:1,043人

<試合結果>

▼第1試合 10分1本勝負
中島 佑斗 △
vs
藤田 晃生 △
10分00秒  時間切れ引き分け

■試合後バックステージコメント

中島「ああ、クソッ! ああ、クソッ! 前も言ったけど、俺は勝って言いたいことがあんだよ。今シリーズ、あと2試合しかない。どんな手を使っても、何がなんでも勝ってやる、この野郎!」

藤田「前にも言いましたが、自分と大岩のこと、自分たちでエリートなんて思ってません。そして、中島さんのことも誰も落ちこぼれだと思ってないです。でも、あの人は自分で自分のことを『落ちこぼれ』って言ってます。自信がないんすか!?」

 

▼第2試合 30分1本勝負
『WORLD TAG LEAGUE 2021』公式戦
タイガーマスク ×
永田 裕志 
(1勝8敗=2点)
vs
ザック・セイバーJr.
タイチ 〇
(7勝2敗=14点)
11分48秒  聖帝十字陵

■試合後バックステージコメント

タイチ「ザックは? 呆れて帰っちゃったか?(と言っていたところにザックがやって来て)ああ、いたいた」

ザック「(あと)ナンシアイ? ニシアイ? ナガカッタ」

タイチ「あと2試合」

ザック「リーグが始まって3週間だけど、もう3年もやってるような気がするよ。こんなツアー時間の無駄だけど、コロナ禍の中ではいつも以上に面倒くさいよ。さっさとファイナルに進もうぜ。早く、早く。ファイナルに行こうぜ。」

タイチ「長いんだよ、無駄によ。だから言ってんだろ、オレが」

ザック「タイガーマスクなんかどうでもいいよ。俺にとってタイガーマスクなんて”フライングモンキー”(イギリス英語でどうでもいいを意味する)だ。アイツがこのリーグに出場してるのがおかしい。まぁそれを言い出したらアイツだけじゃないけどな。次も弱い相手。マカベ&ホンマ。ホンマ、カワイソ」

タイチ「公式戦はな、会議室で起きてんじゃねえんだよ。リング上で起きてんだよ。オメェらノホホンと座りやがって。必要あるか? ないのか? どっちなんだ? それなりのものを見せてるのか、オレの言った通り? なあ、タイガー、オマエ、オレのことナメてる? やるんだったら思いっきりやってみな、パチンと。オレが思いっきりやるって言ったらやらないと。オマエ、オレのことナメてる? ナメてない?タイガー、オマエ、ジュニアタッグチャンピオンなんだろ? なんで『SUPER Jr』に出ないの? こっちに来んの? 『SUPER Jr』に出る自信がないから? タッグリーグだったら勝てそうだから? なんなの? なんでこっちに来たの? 逃げてんの? オレがいつも言ってるだろ。タッグリーグは行き場所を失ったヤツの掃き溜めじゃねえつってんだよ。

タイガー、何のつもり? ジュニアタッグチャンピオンだったらよ、堂々と『SUPER Jr.』に出ろよ、オマエ。なにビビってんの? 堂々とやればいいじゃねえかよ、オマエ。腐ってもタイガーマスクだろ? 『SUPER Jr.』2連覇したんだろ? 出ろよ。まだまだテメェに力が残ってるからジュニアタッグも持ってんだろ、今。簡単に諦めてこっち来んじゃねえよ。邪魔なんだよ、オメェみたいなのに来られてもよ。『SUPER Jr』でやれよ、まだまだ。一緒にすんな。戻れ。戻ってもう一回やってこい。話はそれからだ」

ザック「メチャ メチャ アブナイ。なのに、おまえら(会社)ときたらずっとチャンスをやり続けてる……オーケー、オーケー、ここで俺がしっかり(本間に)ケリを付けてやるよ」

タイチ「真壁&本間?」

ザック「みんな(ファン)一番良い着物を着て花束を持って会場に来てくれよ。ホンマの引退試合だ。『(WORLD)TAG LEAGUE』で引退できるなんてアイツにとっては万々歳だろ」

タイチ「そうだよ。ザックは危ないよ。首のストレッチいっぱいあるんだから。折れちゃうよ、本当に」

ザック「リーグも終わりが近づいてきたが、俺はもうファイナルしか見てない。俺たちが優勝し、トーキョードーム戦の挑戦者を指名する。誰だと思う? 散々カワダ&タウエ組をネタにしてきたけど、アイツら以外に候補がいるか?」

タイチ「2回だけミスは犯したけどな。それだけだ。タイガー、ナメてんだったら、オレが竹刀を持って振り回して、オマエのことをしばいてもいいぞ? なあ、自分でアドレナリン上げいかないと。それも技術のうち。それをオレは手助けしてるだけだから」

タイガー「クソーッ!」

永田「何を言えばいいんだ、チクショー! ここまで来ると悔しいの一言しか出てこねえ、チクショー! こんなんで終わらないですよ。泥に塗れようがなんであろうが、あとは簡単。ただ立ち上がるだけだよ。ねえ、タイガー。タイガーに申し訳なさ過ぎる」

タイガー「いえいえ。やはり自分で『WORLD TAG LEAGUE』に出るって言った以上は結果を出さないといけないと思っているんです。でも、やはりジュニアの……なんつうんだろう? ジュニアじゃねーな。もうオレ自身の問題かもしれないね。もうちょいやはり粘らないといけないところは粘らないといけないと思うし、悔しいね。

もどかしい、悔しい、情けない。ただ、ヘビーの中にジュニアが出て、ああだこうだって言うヤツがいるかもしれないけど、そんなのクソ食らえだ! だから何なんだよ。ほとんどのヤツが大して体格も変わりはしねえよ。もちろんファレとかああいう連中とは違うけど、後は関係ねえよ。まあ、残り2試合、最後まで突っ走ります」

 

▼第3試合 30分1本勝負
『WORLD TAG LEAGUE 2021』公式戦
矢野 通
棚橋 弘至 〇
(5勝4敗=10点)
vs
TAKAみちのく ×
鈴木 みのる
(0勝9敗=0点)
10分37秒  テキサスクローバーホールド

■試合後バックステージコメント

矢野「(※バイクに乗ってるつもりで、棚橋と一緒にブンブンブンブン唸りながらコメントスペースに現われ、ヤンキー座りをすると)オイオイオイ、よく聞け、よく聞け、よく聞け、オイ! あのぐらいのメンチじゃな、オレらは怯まねえよ、バカ野郎、オイ! 場数が違うんだよ、場数が!」

棚橋「でも、あいつら相当悪いな」

矢野「ああ、ちょっと怖かった……」

棚橋「怖かったか、オイ、トオル!」

矢野「怖くても、怖くても、前向いて行進していくんだよ!」

棚橋「まだまだ諦めねえからな」

矢野「OK! OK! OK! ブンブブンブンブンブン……!(バイクのエンジン音)」

棚橋「ヴーンヴーーーン!(バイクのエンジン音)」

TAKA「(※腰を押さえながらコメントスペースに現われ、四つん這いになりながら)ああ、クソッ! 腰と膝がぁぁ……。なんだよ、ヒロシとトオルってよ! ネタじゃねえのかよ。ああ、クソッ!」

※鈴木はノーコメント

 

▼第4試合 30分1本勝負
『WORLD TAG LEAGUE 2021』公式戦 
本間 朋晃 ×
真壁 刀義
(1勝8敗=2点)
vs
高橋 裕二郎 〇
 “キング・オブ・ダークネス”EVIL
(6勝3敗=12点)
11分18秒  BIG JUICE→体固め

■試合後バックステージコメント

裕二郎「本間、真壁? アイツらよ、この『WORLD TAG LEAGUE』で確か2回優勝してるんだったな? そのチームによ、オレたち“HOUSE OF TORTURE”が正々堂々と完封勝ちしてやったぜ。見たか、この野郎!」

EVIL「※(東郷を伴ってコメントスペースに現われ)アイツらポンコツがよ、オレらに勝てると思うなよ、この野郎。オレによ、何回も同じこと言わせんな。オレらが全勝優勝なのは確定事項なんだよ。分かったか? よく覚えておけ!(東郷に向かって)よし行くぜ(と言って控室へ)」

本間「(※ヤングライオンに肩を借りてコメントスペースに現われ、腰を押さえながら床に寝転がると)オレは悔しいよ。EVIL、裕二郎、オマエらの正義は……それが法律か! そんなの絶対許さねえからな。オレは絶対何回負けようが諦めねえからな! オマエが法律だって言うんなら、オレはそんな法律変えてやるよ」

※真壁はノーコメント

➡次ページ(後半戦)へ続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2 3