【WWE】“女王”シャーロット・フレアーが因縁のトニー・ストームを反則攻撃で打ち負かす


©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

日本時間12月11日、カリフォルニア州ロサンゼルスのステイプルズ・センターで行なわれたスマックダウンがライブ配信された。

“女王”ことスマックダウン女子王者シャーロット・フレアーが“パイ攻撃”合戦で遺恨が激化したトニー・ストームとノンタイトル戦で激突するとレフェリーのカウントを無視した反則攻撃でトニーを徹底的に痛めつけた。


©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

序盤、シャーロットはトニーのドロップキックやヒップアタック、クロスボディを食らうと得意のムーンサルトもかわされて劣勢の展開に。


©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

するとシャーロットは捕まえたトニーをポストに強打するとロープを掴んだストンプ連打で痛めつけたが、レフェリーのカウントを無視して反則裁定となってしまう。

試合後、シャーロットは反則負けを気にする様子もなく、ビッグブーツでKOしたトニーを見下ろしながら王座ベルトを掲げた。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加