【WWE】KUSHIDA&イケメン二郎が勝手に日本語実況!ライバル3チームと大乱闘に

“ジャケット・タイム”ことKUSHIDA&イケメン二郎が因縁のグリズルド・ヤング・ベテラン(GYV/ザック・ギブソン&ジェームス・ドレイク)とクリード・ブラザーズ(ジュリアス&ブルータス)の試合途中に勝手に日本語実況として現れると場外戦に巻き込まれて4チーム入り乱れの大乱闘となった。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

GYVとクリード・ブラザーズの試合途中に突如ジャケット・タイムが実況席を自分たちで運びながらリングサイドに現れるとイケメン二郎は「KUSHIDAさん、こないだ初めて一蘭食べたらしいですね」と会話を始めれば、KUSHIDAも「そういえばさ、F1観た?」とまさかのプライベートトークを展開。

しかし、クリード・ブラザーズのパワーボムで日本語実況席が破壊されそうになるとジャケット・タイムが「やめろやめろ!バカバカ!」と言いながらクリード・ブラザーズと睨み合って一触即発に。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

さらにGYVの攻撃で乱闘となると試合を観戦していたジョシュ・ブリッグス & ブルックス・ジェンセンも加わって4チーム入り乱れた大乱闘となった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事