【新日本】オカダ・カズチカが小池都知事とコロナ感染防止対策について対談!オカダ「関節痛の痛みは、パイルドライバーの様」「今は、みんなでコロナをカウント2 で返している状態」

東京都 は 、 新日本プロレスのオカダ・カズチカを都庁に招き、 小池知事と コロナ感染防止対策の徹底を呼び掛ける対談を行ったことを発表した。24日から東京 都公式 動画 ページ https://tokyodouga. で 公開される 。

対談には東京 iCDC専門家ボード座長を務める賀来満夫医師も解説に加わり、オカダが今年5月にコロナに感染したときの症状やその後の感染防止対策 、ワクチン接種について語っている。

<オカダ・カズチカ選手(左)、小池知事(右)> ※写真:東京都 提供

対談の中でも冬場の感染防止対策として、賀来医師からは「換気が大事、換気をしっかり行いながら、室温は18 度以上、湿度は40%以上に保っていただきたい」、小池知事からも「寒さに負けず、こまめに窓をあける、キッチンのレンジフードの使用も有効」との呼びかけがあった。

また対談の後半では、東京都がワクチン接種の促進と社会活動の安全な再開に向け10 月から開始した「TOKYO ワクション」キャンペーンに対して、オカダから「ファンの方とリモートで交流する機会を特典として提供するのはどうか」という提案も繰り出された。コロナ感染防止対策での強力・協力タッグが結成された模様だ。

■ 動画の掲載箇所
東京都公式YouTube https://youtube.com/user/tokyo
東京動画(東京都公式動画チャンネル) https://tokyodouga.jp/

■ 対談内のオカダ選手の主な発言要旨
○コロナの症状について
オカダ:発熱、喉の痛み、関節痛、味覚障害。
関節痛の痛みは、試合で「パイルドライバー」をくらった後みたいだった。

○感染防止対策
オカダ:選手やスタッフのほぼ大半がワクチン接種済みであり、定期的にPCR 検査を実施。
試合会場では、リングの消毒もしっかりやっている。会場入り前の検温と血中酸素濃度も測っています。
お客さんにはマスクをしっかりしてもらい、チケットには住所やお名前を記入してもらっている。あとは声を出さずに応援してもらっている。

○動画を見ている皆さんにメッセージを
オカダ:僕たちプロレスラーは3 カウントで負けてしまいますが、今は、みんなでコロナをカウント2 で返している状態だと思います。プロレスラーはどんなにきつくても立ち上がります。皆さんに元気を見せられるように、そして1 月4 日には東京ドーム大会が控えているので、そこで勝って、レインメーカーとして、日本中に元気の雨を降らせたいと思います。皆さん、応援をお願いします。

■ 収録エピソード
なお、2022年1月4日東京ドーム大会では新しいコスチュームに身を包み登場するとのこと。

■ 出演者情報出演者情報
オカダ・カズチカ

・新日本プロレス所属プロレスラー。34歳。愛知県安城市出身。
・2012年に史上2番目の若さでIWGPヘビー級王座を戴冠。
・2017年にはIWGPヘビー級王座連続防衛記録V12を達成。
・191cmの恵まれた体格とずば抜けた運動神経に裏打ちされた、打点の高いドロップキックや、一撃必殺のレインメーカーが持ち味。
・端正な顔立ち、存在感あふれる戦いからから、『プ女子』ブームの立役者となった。
・CMやバラエティー番組、テレビドラマなどへの出演も多数。
・現在はAuDeeにて自身のラジオ番組「オカダ・カズチカ ラージオオシャベリング」を配信中。
・2021年年12月月25日(土)には、幻冬舎より著書『「リング」に立つための基本作法』を発売。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事