【WWE】“女王”シャーロット・フレアーが因縁のトニー・ストームを撃破してSD女子王座防衛

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

日本時間12月25日にクリスマスエディションのスマックダウンが配信され、“女王”ことシャーロット・フレアーが因縁のトニー・ストームとSD女子王座戦で激突するとフォールの取り合いを制して王座防衛に成功した。

シャーロットは先週のタッグ戦でピンフォールを奪われたトニーに「私が誰かわかっているのか?」と挑発しながらクローズラインやビンタを放って攻め込んだ。さらにトニーにスープレックスやヒップアタックで反撃されるとシャーロットもスタンディングムーンサルトやナチュラル・セレクションで応戦して白熱の攻防を展開。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

終盤にはシャーロットがロープを掴んだままフォールを狙うもこれがレフェリーに見つかるとお返しとばかりにトニーに連続の丸め込みを狙われたが、最後はシャーロットがフォールの取り合いを制して王座防衛に成功した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事