【九州プロレス】玄海が3WAY制し九州プロレス選手権王者に返り咲き!めんたい☆キッドは闘龍門時代の仲間に勝利し伏線回収!1.3 新宿FACE「東京旗揚げ戦~上京~」

九州プロレス「東京旗揚げ戦~上京~」
【日時】2022年1月3日
【会場】東京・新宿FACE 
【観衆】242名(満員)
 
 
 
【オープニング】
筑前理事長がリングに上がり、開会宣言。
「13年もの長い時間がかかりましたが、本日、
 九州プロレス、やっとこさ「上京」することができました!
 九州プロレス東京旗揚げ戦「上京」始まるバイ!」
 
 
【第1試合】ジャパンネットワークグループPRESENTS
上京初陣~覚醒する猛獣・東京初上陸!~
シングルマッチ<15分1本勝負>
 
◯ 野崎 広大 (8分30秒 片エビ固め) 花見 達也 ×
※砲弾スピアー
 
これぞ九州の底力!
覚醒中の佐賀の猛獣が、満を持して遂に東京“初”上陸!!
2AWの元気印である同世代・花見を迎え撃つ!!
 
秋のグローカルタッグを発熱で欠場、
今回参戦直訴が叶った花見は、気合十分で野崎にぶつかる。
しかし、50kg差の体格差は如何ともし難く、野崎ペース。
花見は、野崎を場外へ落とし、エプロンを走り込んでの
ドロップキックを放つなど、思いっきりの良さで撹乱。
野崎は、花見の胴締めスリーパーを一本背負いで投げ、
デスバレーボム、80cmギロチンドロップを決めるも、
花見は根性でキックアウト。
花見は丸め込みや延髄斬り、ヘッドバッドで起死回生を狙うも、
最後は、野崎の得意技・砲弾スピアーをまともに喰らい3カウント。
野崎は、初の東京での試合に、見事インパクトを残した。
 
 
 
【第2試合】コクホーシステムPRESENTS
純血九州産地直送!~オイは東京に行くバイ!~
シングルマッチ→3WAYに変更<20分1本勝負>
 
◯ 桜島 なおき(6分08秒 ジャーマン・スープレックスホールド)ばってん×ぶらぶら ×
 ※もう一人は、がばいじいちゃん
元・西口プロレスのばってんが、再び上京!!
12月に続く渋すぎるマッチメイクに不満をこぼすばってん。
会場に来ている現役レスラーの飛び入りを募集。
するとビジョンに沖縄・琉球ドラゴンの会場が映し出される。
がばいじいいちゃんが、間違って沖縄に向かってしまったようで、
グルクンマスクに「どこでもドア」で東京へ行くよう促される。
さすがに諦めたばってんは、桜島とシングルでゴング。
ばってんが福岡名物エルボーを仕掛けようとしたところ
すると再びビジョンに映像が、、、。
そこには歌舞伎町にワープし徘徊するじいちゃんのライブ映像が。
構わず試合を進める桜島とばってん。
再度、福岡名物エルボーを決めるばってん。
すると、じいちゃんのテーマ曲が流れ、なんとか試合に間に合う。
急遽、3WAYマッチへ変更。
試合に合流したじいちゃんは、ばってんの脳天を杖で砕き、
桜島にロープ杖渡り。しかし杖を奪われ股間を打ち付け悶絶。
その隙に、桜島がばってんに美しいドロップキック、
さらにジャーマンを決めフィニッシュ。
 
 
【第3試合】ユーミーマンションPRESENTS
九州東京格闘芸術~STARLANES vs LIDET UWF~
UWFルール・シングルマッチ<20分1本勝負>
 
× 佐々木 日田丸 (10分53秒 TKO) 田中 稔 ◯
      〈D4 E1〉                          〈D0 E4〉
九州でUスタイルの「STARLANES」をプロデュースする日田丸。
「LIDET UWF」に喧嘩を売ると、テクニカルオフィサー田中稔自らが出陣!
いきなり九州vs東京の「令和のU対決」が実現!
 
初対決の二人。序盤は息を飲むグランドの探り合い。
日田丸のアキレス腱固めで、稔、最初のエスケープ。
ならばと稔も腕ひしぎ逆十字でエスケープを奪いロストポイント4-4。
さらに日田丸は足首を決めエスケープを奪いリード。
スタンドの攻防は、稔のハイキックが顔面へ。
さらにジャーマンで2度のダウンを奪う。
逆襲に転じた日田丸は、フロントネックチャンスリーから
腕ひしぎ逆十字を決めエスケープを奪い、両者残り2ポイント。
稔はラッシュをかけ、ハイキックで日田丸ダウン。
さらに、フィッシャーマンからのアキレス腱固め。
日田丸は膝固めに切り返し、稔もエスケープで1-1へ。
共に後が無い二人は、スタンドで打撃の撃ち合い。
日田丸、一度目のハイキックをなんとか耐えたが、二度目を喰らい遂にダウン。
あと一歩まで追い詰めるもTKO負け。
試合後、LIDET UWFのセコンド、伊藤、渡辺も日田丸と視殺戦を繰り広げた。
 
 
 
 
【第4試合】田島技術PRESENTS
ルチャ浪漫飛行~伏線回収・闘龍門AGAIN~
タッグマッチ<30分1本勝負>
 
◯めんたい☆キッド & SUGI (12分12秒  片エビ固め) のはし たろう× & Kagetora
                 ※めんたい☆スプラッシュ

めんたい☆キッドのルーツを辿る夢のタッグが実現!!
共にメキシコで修行した闘龍門X世代の四人が集結し、めんたいの伏線回収!
めんたいがパートナーに選んだSUGIはこの日ダブルヘッダー。
全日本で世界ジュニアを奪取し、ベルト持参で入場。
対するのはしは、九州プロレス初参戦のKagetoraをパートナーに指名。
先発はグローカルタッグから続く因縁・めんたいvsのはし、
同日デビューのSUGIとKagetoraもスピーディなルチャの互角の攻防。
Kagetoraとのはしは素早いタッチプレーで、めんたいの脚に集中攻撃。
めんたいのロンリーバトルが続く。
めんたいはなんとかハンドスプリングエルボーで窮地を脱すると
SUGIが美しいミサイルキック、メサイヤDDTなど華麗に攻め立てる。
息を吹き返しためんたいはKagetoraにバックエルボーから092(619)、
滞空時間の長いフライングボディプレス。
のはしと強烈なしばき合い、Kagetoraも加わり、交互に延髄、アッパーカット。
ふらつくめんたいへ、電光石火の逆打ちを決めるが、何とかSUGIがカット。
めんたい&SUGIは華麗な好連携でのはしに集中攻撃、
SUGIの千本桜から、めんたいのファルコンアロー。
SUGIがノータッチトペコンでKagetoraの動きを止めた隙に、
めんたい☆スプラッシュを見事に決め、のはしからリベンジの3カウント!
めんたい、3人の先輩に対してマイク
「やっと今日、皆さんと同じスタートに立ったと思います!
 これから、めんたい☆キッドの逆襲が始まります!」
 
ラストは同門4人で抱き合って、爽やかにノーサイド。

 

 
 
【第5試合】山口設備PRESENTS 
『上京』九州の乱・東京上陸!
~九州プロレス選手権試合 3WAYマッチ~<60分1本勝負>
 
◯ 玄海 (19分23秒  片エビ固め) 真霜 拳號 ×
            ※超人拳 ※もう一人はGAINA
 
「グローカルタッグ」を制し九州タッグ王座に君臨したGAINAの要求で、
九州真夏の大激戦・3WAYタイトルマッチの再戦が東京で実現!
GAINAは、九州のベルトを総獲りし「九州制圧」を目論む!!
気合十分の玄海は国際センター以来の白装束と新テーマ曲で入場。
GAIINAを筆頭に全員がスタートダッシュをかけるめまぐるしい三つ巴。
玄海はGAINAを排除すると、真霜に照準を絞る。
さらに場外の二人には、的を迷った挙句、GAINAに重爆トペ。
漲る玄海は、真霜を目掛けてGAINAにジョンウー。
GAINAに刀狩りを決めると、ガラ空きの足へ真霜がアンクル。
真霜と打撃の読み合いをしている隙へGAINAのWラリアットと
まさにプロレス頭全開の三巴戦を展開。
コーナーに登った玄海を、GAINAはラリアットで場外へ叩き落とし、
真霜狙いに行くも、真霜は逆にドラゴンスクリュー、四の字へ。
さらに玄海のアンクルを取り、二人まとめて悶絶させる。
GAINAは真霜の蹴り足を取り、担ぎ上げると、そこへ玄海がスピアー。
さらに130kgのGAINAにペディグリー。あまりの激しい展開に全員がダウン。
勝負に出た真霜はGAINAに武道、そこへ玄海が刀狩、胴締め刀狩、
さらにGAINAがエルボードロップを落とすなど全員がフルスロットル。
15分経過、GAIINAが真霜にローリングラリアット、玄海の玄界灘、
そこへGAINAが全体重を浴びせるダイビングエルボードロップ
玄海、GAINAのラストライドはかわすも、ローリングラリアットを喰らう。
リング上は、真霜とGAINA、ラストライドは阻止されドラゴンスクリュー。
ならばとコーナーを使い再度狙ったラストライドは決まるも、
玄海はGAINAに超人拳を放ち真霜へペディグリー。
GAINAにフランケンシュタイナー、真霜へ超人拳、玄界灘と大暴れ。
さらに邪魔なGAINAを場外へ叩き落とすと、再度、真霜に超人拳を決め、
王者・真霜から3カウント。
 
玄海が第10代・九州プロレス選手権王者に返り咲いた。
玄海
「真霜、GAINA、お前らのおかげで、ベルトの価値がまた上がったよ。
 ありがとよ!だけど俺らまだ終わっちゃいねえよ。これからサシだ!
 真霜とサシ、GAINAとサシ!待っとるぞ!九州来いよ!
 俺はこのベルトもっともっと大きくして、
 選ばれた人間にしか巻けないベルトにしてやるからな!
 
 ここにある炎をもっとデカくしてやるよ。
 俺のデッカい炎!消せる奴がいるんならよ、
 東京でも千葉でも大阪でも東北でも、消しに来いや!コラ!」
 
そして筑前を呼び込む。
 
玄海
「あんたのおかげでここまで出来たんやろもん!
 あんたが締めるのが筋やろが!あんたがおらんと出来んよ!」
 
筑前
「皆さんが俺たちばここに連れてきてくれて、世界中に発信が出来て、
 最高の3WAYをして、最高の九州男児が最後にベルトを巻いてくれました!
 皆さんに感謝を返すべく、僕らは前に前に、プロレスとして進んでいきます!
 10月4日後楽園ホール!皆さん来ていただけますか?!
 これ以上の九州男児の元気を用意してお待ちしてます!!」
 
最後は玄海、満員の観客と共に「九州ば元気にするバイ!」で
初の東京大会を締めくくった。
 
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事