【新日本】KENTAが鼻骨骨折、左股関節後方脱臼骨折、背部裂傷縫合術、左環指腱性槌指により、1・8横浜アリーナ大会を欠場でカード変更

新日本プロレスはKENTAが8日の横浜アリーナ大会を負傷により欠場することを発表した。

KENTAは5日の東京ドーム大会で棚橋弘至とIWGP USヘビー級選手権試合ノーDQマッチに敗れており、その際には背中の傷跡の写真と共に「勲章。俺は大丈夫。」と投稿してしたが、戦いの代償は大きかったようだ。

以下、リリースより

KENTAが、1月5日東京ドーム大会の試合で負傷し、病院での検査の結果、鼻骨骨折、左股関節後方脱臼骨折、背部裂傷縫合術、左環指腱性槌指、と診断されました。全治は未定となります。

これにより、1月8日(土)横浜アリーナ大会は欠場となります。
KENTA選手の試合を楽しみにされていた皆様には、大変申し訳ございません。

なお、KENTA選手の欠場により、 1月8日(土) 横浜アリーナ大会の一部カードが変更となります。

■2022年1月8日(土) 神奈川・横浜アリーナ
[第5試合 30分1本勝負]
タイチ&鈴木みのる&TAKAみちのく vs 杉浦貴&桜庭和志&KENTA
 ↓
タイチ&鈴木みのる&TAKAみちのく vs 杉浦貴&桜庭和志&X

何卒ご理解を頂けますよう、よろしくお願いします

新日本プロレスリング株式会社

参考:【新日本】超高層ラダーから棚橋が非情のハイフライフローでKENTAからUSヘビーを奪還!1.5 WK16 in 東京ドーム

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加