【新日本】超高層ラダーから棚橋が非情のハイフライフローでKENTAからUSヘビーを奪還!1.5 WK16 in 東京ドーム

新日本プロレスは5日、『WRESTLE KINGDOM 16 in 東京ドーム』2連戦の2日目を開催した。

第7試合でIWGP USヘビー級選手権が行われ、王者KENTAに挑戦者・棚橋弘至がノーDQマッチで激突。

本来、凶器攻撃をよしとしない棚橋だったが、この一戦に向けて「一生分の反則をします」と決意を固めて臨んだ一戦。終始、凶器攻撃に踏み込むことに積極的ではない姿勢を見せた棚橋だったが、KENTAが用意した凶器(竹刀やゴミ箱、パイプ椅子等)を使って反撃。

棚橋はKENTAによりコーナーに設置されたラダーに叩きつけられる

自身の代名詞であるエアギターならぬ本物のギターを使った攻撃も行い、さらにパイプ椅子への攻撃を繰り出す両者。

1発目のハイフライフロー・オン・パイプ椅子はKENTAにかわされてしまう

最後はKENTAが周到に手配した超高層のギガラダーからKENTAを揺り落とし、とてつもない高さからのハイフライフローを決めてKENTAからスリーカウントを奪った。

『WRESTLE KINGDOM 16 in 東京ドーム』
日時:2022年1月5日(水) 17:00試合開始
会場:東京ドーム
観衆:6,379

▼第7試合 60分1本勝負
IWGP USヘビー級選手権試合ノーDQマッチ

【王者】✖KENTA vs 棚橋弘至〇【挑戦者】

※22分40秒  ラダーからのハイフライフロー→片エビ固め
※KENTAが初防衛に失敗。棚橋が新チャンピオンとなる

参考:【新日本】棚橋弘至がKENTAとのUS王座前哨戦で竹刀を振り回し反則負け!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加