【WWE】IC王者・中邑真輔が次期挑戦者サミ・ゼインと睨み合って因縁激化

日本時間1月9日(米国時間1月7日)、コネチカット州アンキャスビルのモヒガン・サン・アリーナにて行なわれたスマックダウンが配信された。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

IC王者中邑真輔がパートナーのリック・ブーグスとシングル戦で対戦した次期IC王座挑戦者サミ・ゼインと場外で睨み合って挑発するとその直後にブーグスがゼインを丸め込んで勝利を収めた。

序盤、ブーグスが持前のパワーで豪快なボディスラムやスープレックスを放って攻め込むと試合途中にはセコンドに付いた中邑が場外で対峙したゼインと睨み合いに発展した。

中邑は一歩も引かずに王座ベルトを見せ付けながらゼインを威嚇するとその直後にブーグスが油断したゼインを丸め込んで勝利を収めた。

試合後にはロイヤルランブル戦出場を宣言していたコメディアンのジョニー・ノックスビルが突如現れてリング上のゼインを場外に突き落とすと正式にノックスビルのロイヤルランブル戦出場が決定した。

ノックスビルやシェイマス、レイ&ドミニク・ミステリオらが参戦の男子30人ロイヤルランブル戦が行われる「ロイヤルランブル」は日本時間130日にWWEネットワークで配信される。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

スマックダウン短縮英語版(WWE YouTubeチャンネルで毎週日曜日に配信予定)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事