【WWE】IC王者中邑真輔が次期王座挑戦者サミ・ゼインをキンシャサで襲撃KO


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

日本時間1月16日、ネブラスカ州オマハのCHIヘルス・センター・オマハにて行なわれたスマックダウンが配信され、IC王者中邑真輔がリック・ブーグスと共に次期王座挑戦者サミ・ゼインを襲撃してキンシャサを叩き込んだ。

ゼインが自身の新コーナー「IN ZAYN(イン・ゼイン)」に登場するとロイヤルランブル戦出場が決まった因縁のジョニー ・ノックスビルに対抗して「奴ができることは俺にもやれる」とショッピングカートに乗ってリングを飛び越えるスタント挑戦を宣言した。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

しかし、ゼインが結局、「ストップ!ストップ!」と言い訳をしながらスタントを中断して会場から大ブーイングが起こるとそこへブーグスが姿を現した。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

ブーグスは「中邑に俺のIC王座を取り戻すと伝えてくれ」と話し出したゼインの気を引くとその隙にたぎった中邑がゼインの背後から渾身のキンシャサで襲撃KO。さらにブーグスも倒れ込んだゼインを持前のパワーで持ち上げるとそのまま場外に放り投げた。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

スマックダウン短縮英語版(WWE YouTubeチャンネルで毎週日曜日に配信)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事