【DDT】飯野“セクシー”雄貴が2・14新宿で青木真也の持つEXTREME王座に挑戦!ディーノ「飯野がDDTのトップを取るタイミングが来た」

 DDTプロレスが1月22日、神奈川・横浜ラジアントホールで「Sweet Dreams!2022 TOUR in YOKOHAMA」開催。フェロモンズの飯野“セクシー”雄貴が2月14日の東京・新宿FACEで、青木真也が保持するDDT EXTREME王座に挑むことが決まった。

 この日、飯野は男色“ダンディ”ディーノと組み、HARASHIMA、彰人組と対戦。HARASHIMA組は実力者コンビとあって、前半はフェロモンズ殺法を巧妙に封じた。

 だが、レフェリーが昏倒している隙にフェロモンズのお下劣な攻撃が全開。放送コードに触れかねないフェロモンマジックを出そうとしたところで、今林久弥GMが無効試合を宣した。

 怒った今林GMがリングに上がり、「オマエら、タッグリーグ戦はマジメにやれよ」と言うと、ディーノは「我々のマジメさでやる。ついに飯野がDDTのトップを取るタイミングが来た。まずはEXTREMEに挑戦させろ!」と迫った。

「実績がない」と一蹴する今林GMに対し、飯野がその顔に何度も生尻を押しつけるハレンチな手で強引に青木への挑戦を認めさせた。

 ディーノは「この日、この瞬間から飯野がDDTのトップを狙う。そのタイミングがなぜ今なのか? 逆に問おう。何で決められなきゃいけないんだ。決めた瞬間が一歩目だ。それが今だ。タッグリーグ? 優勝だけが優れた価値観だという思い込みこそひっくり返してやる。まずは世界の青木真也をシングルマッチのタイトル戦で破れば、飯野の偉大な一歩目になる。(ルールは)何でもやって差しあげましょう。青木が持つ狂気と飯野が持つ色気のぶつかり合いだ」とコメントした。

【大会名】Sweet Dreams!2022 TOUR in YOKOHAMA
【日時】2022年1月22日(土)
【会場】神奈川・横浜ラジアントホール
【観衆】150人(超満員札止め)

▼オープニングマッチ 4WAYマッチ~時間差入場形式 30分一本勝負
大鷲透 vs ○火野裕士 vs 吉村直巳 vs 平田一喜●
10分40秒 体固め
※ラリアット

▼第二試合 30分一本勝負
男色“ダンディ”ディーノ&×飯野“セクシー”雄貴 vs HARASHIMA×&彰人
11分23秒 無効試合
※フェロモンズの暴走

▼第三試合 スペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
クリス・ブルックス&○赤井沙希 vs 高尾蒼馬&雪妃真矢●
10分12秒 片エビ固め
※新人賞

▼第四試合 30分一本勝負
秋山準&○アントーニオ本多 vs 納谷幸男&石田有輝●
11分30秒 片エビ固め
※ダイビング・フィストドロップ

▼第五試合 The37KAMIINAvsEruption! 30分一本勝負
上野勇希&○勝俣瞬馬&MAO vs 坂口征夫&樋口和貞&岡谷英樹●
13分52秒 エビ固め
※俺たちのMADMAX

▼セミファイナル The37KAMIINAvsBURNING! 30分一本勝負
竹下幸之介&●小嶋斗偉 vs 遠藤哲哉&高鹿佑也○
17分55秒 TKO勝ち
※チキンウイング・アームロック→レフェリーストップ

▼メインイベント DAMNATION T.Avs藤田プロレススクール! 30分一本勝負
●佐々木大輔&MJポー vs 藤田ミノル○&ヤス・ウラノ
21分52秒 片エビ固め
※変形ツームストーン・パイルドライバー

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事