【新日本】『新春黄金シリーズ』対戦カードを一部変更、ジェフ・コブが負傷欠場、中島佑斗は頭部打撃で2/13大阪大会まで欠場

新日本プロレスは新型コロナウィルス感染拡大防止のため、今シリーズ出場予定選手を一部欠場とし、『新春黄金シリーズ』対戦カードの一部変更について発表を行った。

またジェフ・コブが1/5(水)東京ドーム大会にて負傷した左膝蓋腱部分断裂、左下腿肉離れにより、2/11(金)仙台大会以降を欠場となることも合わせて発表。

なお中島佑斗についても頭部打撃による負傷のため、大事を取って2/13(日)大阪大会まで欠場とし、大阪大会以降の出場に関しては、検査の結果を待って判断となる模様。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事