【新日本】ワトの猛攻に追い込まれるもJr王座を死守したデスペが改めて#STRONGHEARTS、他団体選手との対戦を希望!!

▼試合後バックステージコメント

試合に敗れたワトは天山、田口の肩を借りてインタビュースペースへ。

ワト「俺が『未来を開拓する』って言ってたこと、勝ったら言おうと思ってたけど、ここで言うよ。俺は20代でIWGPジュニアヘビー級チャンピオンになって、今のジュニアに足りない、20代の、10代でもいい、若い選手とどんどんジュニアの未来を、そして新日本プロレスのジュニアの未来を作っていきたい。負けたヤツが何言ってんだって、思うかもしれないけど、俺はそんな目標、夢、そんなものを諦めてなんかない。下は向かない。上を向いて、前も向いて進みます」

デスペラード「クリス・ブルックス! 勝ったよ! いつ来てくれる? カリスマもそうだし、さっき言ったな、リンダマンと、T-HAWK、あとCIMAさんも。誰の名前出したっけ? いっぱい言ったからな。あぁ、あとフランシスコ・アキラとかさ、面白れぇじゃん。な! あとYO-HEYちゃん。(※立ち上がって)イッテーッ、クソ! 俺がこれ(ベルト)使って楽しむためだったら、何だってやってやるぞ。最多防衛記録ってのも興味あるし、ノブさんのジュニアのグランドスラム、それがかかってる試合の相手が俺だったら、こんなに面白いことないだろ。なぁ。夢がいっぱいですよ、プロレスのリング、新日本のリングには。いろんなもんがあるぜ。楽しもうぜ!」

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2