【WWE】イケメン二郎がジャケットパンチ6連打で善戦も205 Liveで無念の敗戦

日本時間2月12日に205 Liveが配信され、“スタイルストロング”イケメン二郎(with KUSHIDA)が205 Liveで対戦したトリック・ウィリアムス(with カーメロ・ヘイズ)をジャケットパンチ6連打で追い詰めるもウィリアムスのスイング・ネックブリーカーで無念の敗戦となった。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

イケメン二郎はKUSHIDAと共に205 Liveオープニング戦に登場すると“ジャケット・タイム”チャントの中、アームドラッグで攻め込めば、ウィリアムスに後頭部へのドロップキックで反撃されて白熱の攻防を展開。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

終盤にはイケメン二郎がジャケットパンチ6連打やムーンサルトを決めて追い詰めるも、最後はウィリアムスにスイング・ネックブリーカーを決められて黒星を喫した。

WWEネットワーク
http://network.wwe.com

WWE YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/c/WWE/featured

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事