【DDT】飯野が“ヌルヌルマッチ”で青木を破りEXTREME王座を奪取!3・27後楽園で嫌がる勝俣瞬馬と初防衛戦へ

 DDTプロレスが2月14日、東京・新宿FACEで「DDT FREE -February- Ultimate Tag League 2022 in SHINJUKU!!」を開催。フェロモンズの飯野“セクシー”雄貴がトルコレスリングルールで青木真也を破り、DDT EXTREME王座を奪取。新王者に勝俣瞬馬が3月27日、後楽園ホール大会で挑戦することが決まった。

 同王座は王者がルールを指定できるが、なぜか青木は身体にオイルを塗った状態で試合を実施するトルコレスリングルールを希望。オイルが切れたときに補給するセコンドとして、青木には堀田祐美子、飯野には男色“ダンディ”ディーノと今成“ファンタスティック”夢人が就いた。

 飯野は必要以上に体にオイルを塗り、まさにヌルヌル。青木は得意の関節技にいくも、滑ってまるで決まらず。場外戦に転じると、フェロモンズは堀田をセクシーシーソーのえじきに。

 場外カウントが進むなか、青木は床に落ちたオイルで足を滑らせ、なかなかリングに戻れず。飯野はカウント19で生還して、まんまとリングアウト勝ちを収め、王座が移動した。

 ここで、堀田がバレンタインのチョコを青木に贈った。飯野は初防戦の相手に勝俣瞬馬を希望。リングに上がった勝俣は「お断りします」と発言するも、今林久弥GMが強権発動してタイトル戦を強引に決めた。

 バックステージでディーノは「きれいなだけじゃないプロレスをフェロモンズが担ってやろうって言ってんだ。プロレスの幅ってやつを飯野が、このベルトを持って体現してやる。じょじょに潰していくから。覚悟しとけ。その最初が瞬馬だ」と息巻いた。

 勝俣は「飯野とは同じユニット、オールアウトでやってきたけど、あの頃の飯野はもういない。どんなルールでもやってやるよ。ヌルヌルする試合でもやってやるよ。やりたくないけど。決まった以上、逃げやしない。イヤだけど」と覚悟を決めていた。

 一方、王座から陥落した青木は「ベルトは獲られたけど、俺にはコレ(チョコ)が来たよ!これで次につなげるよ!」と仕切り直しを誓った。

【大会名】DDT FREE -February- Ultimate Tag League 2022 in SHINJUKU!!
【日時】2022年2月14日(月)
【会場】東京・新宿FACE
【観衆】233人(超満員札止め)

▼ダークマッチ 15分一本勝負
○岡田佑介 vs 高鹿佑也●
8分27秒 体固め
※サドンデス

▼オープニングマッチ アイアンマンヘビーメタル級選手権5WAYマッチ~2分防衛しないと帰れませんルール 時間無制限勝負

【試合経過】
①<王者>●大鷲透 vs アントーニオ本多○<挑戦者>
1分12秒 横入り式エビ固め
※大鷲が防衛に失敗、アントンが第1531代王者となる。
②<王者>●アントーニオ本多 vs 男色“ダンディ”ディーノ○<挑戦者>
1分19秒 横入り式エビ固め
※アントンが防衛に失敗、ディーノが第1532代王者となる。
③<王者>●男色“ダンディ”ディーノ vs 高梨将弘○<挑戦者>
1分27秒 横入り式エビ固め
※ディーノが防衛に失敗、高梨が第1533代王者となる。
④<王者>●高梨将弘 vs 大鷲透○<挑戦者>
1分43秒 横入り式エビ固め
※高梨が防衛に失敗、大鷲が第1534代王者となる。
⑤<王者>●大鷲透 vs アントーニオ本多○<挑戦者>
1分50秒 横入り式エビ固め
※大鷲が防衛に失敗、アントンが第1535代王者となる。
⑥<王者>●アントーニオ本多 vs 男色“ダンディ”ディーノ○<挑戦者>
1分56秒 横入り式エビ固め
※アントンが防衛に失敗、ディーノが第1536代王者となる。
⑦<王者>●男色“ダンディ”ディーノ vs 高梨将弘○<挑戦者>
2分3秒 横入り式エビ固め
※ディーノが防衛に失敗、高梨が第1537代王者となる。
⑧<王者>●高梨将弘 vs 足つぼマット○<挑戦者>
2分50秒 体固め
※高梨が防衛に失敗、足つぼマットが第1538代王者となる。
⑨<王者>●足つぼマット vs アントーニオ本多○<挑戦者>
3分52秒 体固め
※足つぼマットが防衛に失敗、アントンが第1539代王者となる。
⑩<王者>●アントーニオ本多 vs 大鷲透○<挑戦者>
4分33秒 首4の字固め
※アントンが防衛に失敗、大鷲が第1540代王者となる。
⑪<王者>●大鷲透 vs 高梨将弘○<挑戦者>
4分42秒 首4の字固め
※大鷲が防衛に失敗、高梨が第1541代王者となる。
⑫<王者>●高梨将弘 vs 勝俣瞬馬○<挑戦者>
5分3秒 首4の字固め
※高梨が防衛に失敗、勝俣が第1542代王者となる。
⑬<王者>●勝俣瞬馬 vs 男色“ダンディ”ディーノ○<挑戦者>
5分11秒 首4の字固め
※勝俣が防衛に失敗、ディーノが第1543代王者となる。
⑭<王者>●男色“ダンディ”ディーノ vs アントーニオ本多○<挑戦者>
5分28秒 横入り式エビ固め
※ディーノが防衛に失敗、アントンが第1544代王者となる。
⑮7分28秒、アントーニオ本多が2分間の防衛に成功し勝利。

▼第二試合 スペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
赤井沙希&●小嶋斗偉 vs 雪妃真矢&納谷幸男○
7分10秒 体固め
※バックドロップ

▼アイアンマンヘビーメタル級選手権試合
<王者>●アントーニオ本多 vs リンリン○<挑戦者>
19時26分 握手
※アントンが防衛に失敗、リンリンが第1545代王者となる。

▼第三試合 30分一本勝負
佐々木大輔&藤田ミノル&○MJポー vs 彰人&MAO&石田有輝●
10分1秒 体固め
※デスバレーボム

▼第四試合 スペシャル6人タッグマッチ 30分一本勝負
HARASHIMA&吉村直巳&●高尾蒼馬 vs 葛西純○&火野裕士&坂口征夫
10分4秒 体固め
※垂直落下式リバース・タイガードライバー

▼第五試合 DDT EXTREME選手権試合~トルコレスリングルール 60分一本勝負
<王者>●青木真也 vs 飯野“セクシー”雄貴○<挑戦者>
7分58秒 リングアウト勝ち
※青木が5度目の防衛に失敗、飯野が第53代王者となる。

▼セミファイナル Aブロック公式リーグ戦 30分一本勝負
遠藤哲哉&○秋山準<3勝=6点> vs 近藤修司&平田一喜●<3敗=0点>
12分10秒 体固め
※エクスプロイダー

▼メインイベント Aブロック公式リーグ戦 30分一本勝負
竹下幸之介&●上野勇希<2勝1敗=4点> vs 樋口和貞○&岡谷英樹<1勝1敗=0点>
19分51秒 体固め
※ブレーンクロー・スラム

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事