【WWE】レスナーがEC戦を制してWWE王座を奪還!WMはレインズとの“王者対決”に

日本時間2月20日、サウジアラビア・ジェッダのジェッダスーパードームにて行なわれた「エリミネーション・チェンバー」がライブ配信された。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

◆レスナーがEC戦を制してWWE王座を奪還!WMはレインズとの“王者対決”に

“ザ・ビースト”ブロック・レスナーが「エリミネーション・チェンバー(EC)」のWWE王座EC戦で王座獲りに挑むと王者ラシュリーがアクシデントで脱落する中で残る4人全員をF5で一掃してWWE王座奪還に成功。

これにより「レッスルマニア38」ではユニバーサル王者ローマン・レインズとの“王者対決”が決定した。

セス・ロリンズとオースティン・セオリーで試合がスタートすると序盤からロリンズのパワーボムがポッドを突き破ってラシュリーに激突してしまう。このアクシデントでラシュリーは試合復帰できずに脱落となると時間差でリドル、AJスタイルズがポッドから登場して激しい攻防を展開した。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

さらに試合途中にはレスナーがポッドを破壊して試合に参戦するとロリンズ、リドル、AJを次々にF5で沈めて3カウントを奪取。

続けてレスナーは残ったセオリーにローブローを食らうとドロップキックやDDTで攻撃されて激怒。

金網を登って逃げ出すセオリーを捕まえるとポッドの上からF5で投げ飛ばして3カウントを奪った。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

レスナーが宣言通りEC戦を制してWWE王座を奪還するとレッスルマニアでは王者レインズとの“王者対決”が決定した。

レインズ vs. レスナーの“王者対決”がおこなわれる「レッスルマニア38」は日本時間4月3日・4日にWWEネットワークで配信される。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事