【新日本】飯伏が復帰延期についての心境を吐露「言いたくても言えないことだらけ。全ては不本意であるということです」

昨日、新日本プロレスから発表された『旗揚げ記念日』日本武道館大会で復帰を予定した飯伏幸太の復帰延期について、飯伏が自身のTwitterで「皆さんすみません。本当に申し訳なく思います。復帰戦に関して。去年からそうだけどただ1つ言いたいこと。言いたくても言えないことだらけ。全ては不本意であるということです。本当の仲間は自分だけ!!」と心境を語った。

新日本プロレスの昨日のリリース内容としては、

「飯伏幸太選手に関しまして、3月1日『旗揚げ記念日』日本武道館大会での復帰に向けて、当初は順調に回復しており、本人の強い意向もあり、復帰を発表させていただき、リハビリ、トレーニングを継続して参りました。
復帰判断に関しては、病院、医事委員会、新日本プロレスと連携して回復状況の確認を行ってきましたが、直前の検査結果踏まえ本日まで協議を重ねた結果、『NEW JAPAN CUP』を戦い抜くコンディションには至っていないと判断を致しました。
今回、この判断を飯伏選手に伝え、復帰に関しては延期するという結論になりました。」(一部抜粋)

飯伏本人の気持ちと団体としての判断が相反するものなのかは不明だが、本人の体調が万全になって戦える日をファンは待ち望んでいる。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事