【WWE】ロンダ・ラウジーがWMを前に王者シャーロット・フレアーをアンクルロックで制裁

フロリダ州マイアミのFTXアリーナにて行なわれたスマックダウンが日本時間3月6日に配信された。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

ロンダ・ラウジーが対戦した因縁のソーニャ・デビルをアーム・バーで仕留めてタップ勝ちすると「レッスルマニア38」のSD女子王座戦で激突する王者シャーロット・フレアーをアンクルロックで捕まえて痛めつけた。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

ロンダは因縁のソーニャとSDメイン戦で対戦すると序盤から飛び付きアーム・バーを狙ったが、ゲスト解説のシャーロットに妨害されるとソーニャのチョップブロックを食らって一時劣勢となった。しかし、ロンダはロープを利用したトライアングルや打撃のコンビネーション、パイパーズピットでソーニャを圧倒すると最後はアーム・バーで捕まえてタップ勝ち。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

試合後にはロンダが挑発してリングに上がったシャーロットをアンクルロックで捕まえると悲鳴を上げるまで痛めつけた。シャーロット vs. ロンダのSD女子王座戦が行われる「レッスルマニア38」は日本時間4月3日・4日にWWEネットワークで配信される。

スマックダウン短縮英語版(WWE YouTubeチャンネルで毎週日曜日に配信)
https://youtu.be/jkwFsZn037A

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事