【新間寿会長インタビュー】ストロング小林さん追悼興行に向けて「小林さんと猪木さんとの試合が新日本プロレスの起爆剤になった。」

――そこから猪木戦に持っていこうと考えていた?

「ウン。それで当初何日間かずっと通って、その間、猪木vs小林をやったらどういうことになるかなといろいろ想像してた。結果、猪木vs小林こそ昭和の新日本プロレスを代表する猪木のベストバウトになったと思ってますよ。ボクはこの試合こそが、猪木さんの最高の試合だと思う。小林さんはいろんな人と闘ったけれども、ストロング小林の力を引き出し、ストロング小林のいいところを出させて、自分がそれを受けて、そういうプロレスをしたというところで、アントニオ猪木というのは天才だと思った。猪木さんは誰とでも闘えるし、それに小林さんの人柄もよかった、家族もよかった。『小林さん、猪木さんとやりませんか?』と言ったときに、『やってもいいですよと』の答えをようやくもらった。それが初めて行ってから2カ月半くらい経ってからだね。その間、いろいろ横やりが入ったりしたけれども、小林さんの家族からも『新間さんだったら身柄を預けてもいいんじゃないか』と言ってもらえて。それでもまだ小林さんには国際との契約があった。それで揉めたときに、東京スポーツの井上社長のところに行ったんですよね。それで何とかなりませんかと相談したところ、『ウチはメンツにかけてもこの試合をやるよ』と言ってもらえた。『どんなことがあっても猪木と小林の試合を実現させるから心配するな』と言ってくれたのが、当時の井上社長です」

――それで、東京スポーツ紙と一体になって実現に向けて動いたと。

「そう。それで小林さんを(一時的に)東京スポーツ所属になったのですよ」

――当時の状況を考えれば、その発想がすごいですね。

「この発想もすごかった。会場には入りきらないくらいのお客さんが詰めかけ、そして試合もすごかった。アントニオ猪木のストロング小林戦、ルスカ戦、大木金太郎戦、上田馬之助戦、みんなすごい闘いがあったじゃない」

――当時の猪木さんの名勝負と言われるものは、すべて“決闘”だったんですね。

「決闘ですよ。決闘。猪木さんとアンドレ(・ザ・ジャイアント)もそうだし、ローラン・ボックが猪木と坂口の試合を見てビックリした。『これがプロレスだ。ファイトがある』とね。そういう試合を猪木さんはしていた。それに応えたのがストロング小林さんだった。ボクの生涯で最高の試合は、やっぱり猪木vs小林ですよ」

――新間さんは決闘をプロデュースしてきたわけですよね。

「そういうことですよ。その前にまずは知識ですね。知識がなければ何もできない。私が言いたい知識とはどういうことかというと、私が自分がやってきたことを振り返って、書物とを通じておぼえたことというのは、してしまったことへの後悔は誰にもある。しかし、私の後悔というのは、しようと思ってしなかったこと。この後悔が一番大きい」

――新間さんの思いが結実し実現した猪木vs小林。しかもこの年から東京スポーツ紙制定のプロレス大賞がスタートしました。現在につながるこの賞は、猪木vs小林があったからこそ、になりますか。

「そういうことですよ。その闘いを一番最初に手掛けたのは新間寿です。日本人同士の闘いも異種格闘技戦も。人がやらない、人ができないことをやる。アントニオ猪木と私は、誰もやらない誰もできないことを男の夢として実現する、それが男のロマンだと。これが猪木さんと私の言葉だった。アントニオ猪木のような選手はいまだに出てきていないでしょ」

――そうですね。多くの意味で猪木さんを越えるような人はいまだに出ていないですね。

「これからも出ないでしょう。そこに新間寿がいたから、(プロレスラー)アントニオ猪木が生まれたんですよ」

――新間さんがいなかったら、猪木さんはすごい試合をしたでしょうが、ここまで不可能と思われる試合が実現されることはなかった。その新間さんの熱意に猪木さんも闘いで応えた。新間さんがいなければ猪木さんの異種格闘技戦もなかっただろうし、後世に多大な影響を与えた日本人対決も別の形になっていたかもしれないですね。

「そうでしょうね。モハメド・アリ戦なんか100億円近い大きな負債を残してもね、最後にゼロにできたのはケン田島という名通訳がいたからですよ。常に誰かの助けがあって、それを実現できたわけ。私はお寺の出身だから、父親はじめ日蓮上人という人がボクについてたなと。僕はストロング小林さんが地獄から出てくる閻魔大王であり、闘いの神がお地蔵様として出てきてくれて、私の話を聞いてくれたと思っていますよ」


 
――3・17後楽園は、その小林さんを追悼する大会です。これを機に小林さんのすごさをあらためて振り返り、知らないファンには知ってもらえたらなと思います。

「過激な仕掛人」。そのルーツはアントニオ猪木vsストロング小林の実現にあった。もしもあのとき小林さんが首を縦に振らなければ、日本のプロレス史は大きく変わっていただろう。そういった意味でも、3月17日におこなわれるストロングスタイルプロレス後楽園大会は、小林さんの偉業を振り返るいい機会。3月17日は、猪木戦がおこなわれた3月19日と二日違いという絶好のタイミングにもなった。あれから48年。後年再評価されたアントニオ猪木vsモハメド・アリ同様、小林戦も更に再評価されるべきである。その裏には常に、「過激な仕掛人」による仕掛けがある。

【興行概要】
■興行名称:初代タイガーマスク ストロングスタイルプロレスVol.15
      -“怒涛の怪力”ストロング小林追悼興行―
■開催日時:3月17日(木)開場:17時30分/試合開始:18時30分 
■会  場:後楽園ホール
■主  催:初代タイガーマスク ストロングスタイルプロレス
■共  催:一般社団法人初代タイガーマスク後援会

【対戦カード】

 

《メインイベント タッグマッチ 30分1本勝負》
スーパー・タイガー(第15代レジェンド王者/ストロングスタイルプロレス)
&船木誠勝(フリー)
vs
関根“シュレック”秀樹(ボンサイブルテリア)&佐藤光留(パンクラスMISSION)
※真霜拳號(2AW)選手が欠場の為対戦カードが変更、

《セミファイナル シングルマッチ30分1本勝負》》
タイガ-・クイーン(一般社団法人 初代タイガーマスク後援会)
vs
高瀬みゆき(フリー)

《第4試合 シングルマッチ30分1本勝負》》
関本大介(大日本プロレス)
vs
間下隼人(ストロングスタイルプロレス)

《第3試合 タッグマッチ30分1本勝負》
ジャガー横田(ワールド女子プロレス ディアナ)&井上京子(ワールド女子プロレス ディアナ)
vs
雪妃真矢(フリー)&梅咲 遥(ワールド女子プロレス ディアナ)

《第2試合 タッグマッチ30分1本勝負》》
ケンドー・カシン(はぐれIGFインターナショナル)
&阿部史典(プロレスリングBASARA)
vs
将軍岡本(第5代UWAアジアパシフィックヘビー級王者/VOODOO-MURDERS)
&佐野直(フリー)

《第1試合 シングルマッチ30分1本勝負》》
佐藤綾子(ワールド女子プロレス・ディアナ)
vs
尾﨑妹加(フリー)

※対戦カードは変更となる場合がございます。

—————————————————————————————–
【お客様へのご留意事項】
新型コロナウイルス感染予防対策へのご協力をお願い申上げます。
※必ずマスクをご持参の上、会場内ではマスクご着用をお願い申上げます。
※ご入場時にサーモグラフィーによる検温、スタッフによるお客様のアルコール消毒液による
手指消毒を実施をさせていただきます。本大会規定により37.5度以上の方、ご体調不良の方はご入場いただけません。
※上記に該当されご入場不可となりました場合にはチケット金額を返金させていただきます。
前売りでご購入の方は、購入実績のご確認をさせていただきました上で、後日主催者側より返金対応をさせていただきます。
※会場内へのアルコール飲料と食べ物の持込みは禁止といたします。尚、水分補給を目的とした
ソフトドリンクの持込みは可能です。
※咳エチケットの徹底にご協力をお願いいたします。
※トイレやその他に移動の際も、都度アルコールによる手指消毒をお願いいたします。
※試合の合間にリング上での除菌作業を行います。
※紙テープの投げ入れ、ご声援は禁止となります。手拍子、足拍子等でお願いいたします。
※選手の入場時のハイタッチ、ボディタッチ、握手等は禁止となります。
※全試合終了後、規制・分散退場を実施いたします、リングアナ、スタッフの指示に従ってお進み下さい。
※手作り、生もの、個別包装のない飲食物の差し入れはご遠慮ください。
※ご来場前に、チケットの右端(入場時に切り取る部分)にお客様情報(氏名・お電話番号)をご記入の上、ご来場ください。
収集した個人情報は、新型コロナウイルス感染者が発生した場合の感染経路追跡のため、
必要に応じて保健所等公的機関への提供を行う以外、他の目的では利用いたしません。
※興行中の休憩時間はございません。
※グッズ販売は開場時間から試合終了15分後迄の時間帯での実施となります。
また握手、サイン、2ショット撮影はございません。
ただし次の場合には実施可能となります
■サイン(全試合終了前の時間帯で対象選手がマスク着用、手袋着用、フェイス
シールド着用の場合のみ)、
■2ショット撮影(全試合終了前の時間帯で対象選手とお客様の間にビニール柵
が設置されている場合のみ)

※新型コロナウイルス並びに咳エチケットの詳細等、厚生労働省が発表しているページを一度ご覧ください。
※その他、必要に応じた新型コロナウイルス感染予防対策へのご協力をお願い申上げます。

大変恐縮ではございますが、上記の内容にご理解とご協力をいただけますようお願い申上げます。
ご協力いただけない場合はご入場をお断りすることもございますので、予めご了承ください。
—————————————————————————————–

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2