【DDT】中澤マイケルがまんまとだまして3・27後楽園でのUNIVERSAL王座挑戦が正式決定!メリットない?王者・MAOは奇襲を受け散々な目に

 DDTプロレスが3月22日、東京・渋谷区のAbemaTowersで記者会見を開いた。同27日、後楽園ホールで行われる王者・MAO対挑戦者・中澤マイケル(AEW)のDDT UNIVERSAL選手権の調印式は大荒れ。マイケルはAEW所属の名を利用して、MAOをまんまとだまして王座戦にこぎ着けた。

 このタイトル戦は3・20両国国技館で同王座をMAOが奪取すると、試合後、マイケルが現れ、AEWの肩書きをちらつかせて挑戦を表明し、MAOが受諾して決まった。

 開口一番、MAOは「やっぱり中澤さんじゃないかなって思ったんです。挑戦を受けたくないなって、この二晩考えて思いました。よくよく考えてみたら、中澤さんにあこがれたことがないし、そんなに権力なさそうかなと思って。すごいAEWをちらつかせて、あの場のテンションの僕だけはだませたかもしれないですけど。あとで映像を見たら、実況とかもだまされてるみたいな雰囲気だったし。お客さん的にもMAOはだまされてるなとなってたんで」と調印を拒否。

 マイケルが「気が付いちゃった?」とあっさり認めると、MAOは「ノンタイトルのスペシャルシングルマッチでよろしいですか?」とベルトを懸けることを拒んだ。

 ここで、気を取り直したマイケルは「私、こう見えましても、ジ・エリートというユニットの一員なんですよ。よく漫画とかで、四天王って名乗るヤツの一人を倒すと、“アヤツは四天王のなかでは最弱”とか言って、次に強いヤツからどんどん出てきちゃうみたいな。つまり、この僕を倒すと、“中澤マイケルはジ・エリートのなかで最弱”って言って、次のヤツがどんどん出てきちゃうかもしれないですよ」と新たなプランを提示。

 すると、MAOが「じゃあ、中澤マイケルを倒すと、ヤングバックスとかケニー・オメガとか出てきちゃうということですか?」と目を輝かせた。マイケルが「そこまで言わなくてもいいんだけど。可能性がある。どうかな?」と言うと、MAOは「じゃあ、やりましょう」と改めて受諾し、両者調印書にサインした。

 ところが、マイケルは「決定ですね。僕はAEWどころか、ジ・エリートのみそっかすなので、僕のことなんか誰も気にしませんよ。負けたところで、誰も出てくるわけじゃない。引っかかったね」と白状。

 だまされてサインしてしまったMAOは「引っかかった?やってもメリットがない?やめましょう」と失意で帰ろうとすると、背後からマイケルが急所打ちを放ち、MAOは悶絶。

 マイケルは「俺がベルトに挑戦する本当の理由を教えてやるよ。俺はAEWでもみそっかす。ケニー以外味方がいません。そのケニーも今ケガで欠場中。俺の命は風前の灯。このベルトを持ち帰れば、少しでも俺が延命できるんじゃないかと、そういう手段よ。では後楽園で俺がベルトを獲る、そのときまでさよなら、そしておやすみ」と言って去って行った。

 股間のダメージがひどく残るMAOは「許されざる行為。オマエだけは絶対許さない。だましやがって! いかにも(DDTとの)架け橋みたいな感じで来てたじゃないですか。高木三四郎ごときに負けた後も、VTR出して、“僕が準備しました”みたいな感じだったじゃないですか。信じてたのに。あんなに権力がないなんて」と涙目だった。

【大会名】Day dream Believer 2022
【日時】2022年3月27日(日)  開場10:30 開始11:30
【会場】東京・後楽園ホール

DDT UNIVERSAL選手権試合
<王者>MAO vs 中澤マイケル<挑戦者>
※第6代王者の初防衛戦。

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事